忍者ブログ

nOnのなんでも情報館Blog

上越の釣り・携帯・PDA・パソコン・テニス・ギター・デジカメ・旅行・オートキャンプ・DIY等々、日常の話題からちょっとマニアックな裏技・裏情報まで、読んで楽し、知ってお得、やって便利な情報を提供する「nOnのなんでも情報館」です。皆さんからの様々な情報もお待ちしてます。
お気に入りに登録 フォト蔵 firestorage FlipClip アウトドア仲間掲示板 フリートク掲示板
07 2016/08 1 3 4 5 67 8 9 10 11 12 15 16 17 18 19 2021 22 23 25 26 2728 29 30 31 09

:2016:08/24/06:01  ++  青春18きっぷ 2泊3日 四国(香川、徳島)の旅

有休を取得しちょっと長め(10日)の盆休み。

家族は仕事や学校があるんで、久しぶりに青春18きっぷで一人旅をする事にした。

当初計画したのは、2泊3日 東北(宮城、茨城)の旅
1ヶ月前から図書館で候補地のまっぷるを借りまくり綿密な計画を立てる。

まっぷるよりるるぶの方が見易くて好みだが、まっぷるはまっぷるリンクというアプリで雑誌をAndroidやiPadで持ち歩く事ができ非常に便利なので今回選んだ

☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

~8月17日(水)~
松本 05:39→仙台 17:09
★「ロイヤルメイフラワー仙台」泊
<<< 定禅寺通観光 >>>
☆夕食(旨味 太助/牛タン焼き定食1300円)

~8月18日(木)~
仙台 5:02→松島海岸 5:41
<<< 扇谷(幽観)、五大堂観光>>>
松島海岸 7:19→仙台 7:57

☆朝食(ホテル)
<<< 仙台城跡、瑞鳳殿観光 >>> ※DATE_BIKEレンタル
☆昼食(駅弁「新みやぎ三陸黄金海道」)※購入→電車で食べる

仙台 10:50→神俣 14:02
<<< あぶくま洞観光 >>>
神俣 15:54→水戸 18:32

★「みまつアネックス」泊
☆夕食(スパイシータンドール南町店/カレーバイキング980円)

~8月19日(金)~
☆朝食(ホテル)
<<< 偕楽園、水戸黄門像、東照宮観 光>>>

水戸 9:30→荒川沖 10:18
<<< JAXA見学 >>>
☆昼食(筑波宇宙センター社員食堂)
荒川沖 14:05→松本 20:00

☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

だが直前になり、関東・東北に台風が直撃する事が分かり、
急遽(2日前)、旅行先を台風の影響のないエリア(四国)に変更する事にした。
日程については、高知も含めた3泊4日の旅も検討したが、徳島から高知への乗り継ぎが悪く、タイムパフォーマンスが悪かったため断念。結局2泊3日 香川&徳島の旅となった。

☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

<青春18きっぷ 2泊3日 四国(香川、徳島)の旅>

~8月17日(水)~
松本 06:26→岡山 16:31
岡山到着!桃太郎がお出迎え。(*^-^*)
 

岡山駅から路面電車で城下駅へ。車内はテーブルや内装等とってもお洒落!

岡山城。時間の関係もあり城内には入場せず。
 


日本三大庭園の後楽園だが...兼六園の方がインパクトあるかな。(^^;



徒歩で駅まで歩き、それから電車で児島へ(18:41→19:05)。

駅前のローソンで弁当とビールを購入。児島駅から徒歩で民宿 千草へ。
上り坂で3kmもあった為、汗だくで40分もかかってしまった。(^^;
※昼間はバスあり

☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

~8月18日(木)~
余裕を持って朝5:15に宿を出発。晴天の朝のウォーキングは気持ちいい!


児島 06:24→丸亀 06:50

日本一の石垣(総高60メートル)の丸亀城。天守まで登るのは大変だが景色は最高!



丸亀 07:39→栗林公園北口 08:38

日の出から営業している栗林公園
飛来峰からの眺めは素晴らしく思わず声が出てしまった程。w( ̄Д ̄;)wワオッ!
芙蓉峰からの眺望も壮観で良かった!



栗林駅までは意外に遠く駅前は何もなくガッカリ(土産を買おうと思ったがダメ)
栗林 10:10→徳島 12:06

四国(ここは徳島だが)と言えばうどん!ということで駅前のセルフうどんやまで昼食。
初めて本場のうどんを食べたが麺の腰が半端なく凄い!けど逆に腰がありすぎて今一。

ホテルに荷物を預け徳島観光スタート!
阿波おどり会館で眉山ロープウェイ・ミュージアム・阿波踊り実演のセット券を購入。

まずロープウェイで眉山山頂へ!徳島市内一望の絶景。(*^-^*)


ミュージアムをさらっと見た後、阿波の風による阿波おどりを鑑賞。
司会役のおじいちゃんのトークが面白く、阿波おどりの歴史も分かりなかなかGood。



徳島 14:57→鳴門公園 16:19(鳴門→鳴門公園はバス)

まず鳴門大橋を右側から眺めるお茶園展望台
次に鳴門山の山頂にある鳴門山展望台へ。(鳴門山展望台はエスカヒル鳴門から有料エスカレータで登る展望台とほぼ同じ場所にあるが無料で歩いて行ける)



そして渦潮を間近で見るため渦の道へ。
 

こんな迫力満点の渦潮を期待したのだが...実際にはこんな大きな渦は皆無で、
小っちゃい渦がちょびちょび程度。余程運が良くないとこんな渦は見れないんだな。

バスは1時間に1本しかなく時間が中途半端に余ったが、大鳴門橋架橋記念館エディを見る程の時間はなく、バスの時間までお茶園展望台でのんびり過ごす。
鳴門公園 18:15→徳島 19:31

一杯汗をかいたので夕食は駅前の笑笑で一人飲み放題。(*^-^*)

宿泊先のホテルプラザイン徳島は普通のビジネスホテルだったが、無料の洗濯機(乾燥機付、洗剤持参)が有難かった♪

☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

~8月19日(金)~
徳島 05:52→松本 20:22

名古屋での乗り換え時間僅か3分!走って飛び乗りギリギリセーフ!
(乗った5秒後にドアが閉まった)。ほんとやばかった。(^^;

今回、旅行用に携帯クッションを購入。実際長時間の乗車時に使ってみたのだが、これがなかなかの優れ物!これを敷くとお尻の痛さが明らかに緩和。携帯性も効果も満足できる一品であった。


青春18きっぷの旅行は、初日と最終日はどうしても移動メインとなってしまいがちで、2泊3日の場合観光はほぼ中日の1日だけとなってしまう。今回は観光地巡りをその1日にめいっぱい詰め込んだ為かなりハードなスケジュールになったが、その分充実した思い出深い旅行になった。(^-^)/
PR

:2016:08/14/06:46  ++  2016/08/12 冠着山(1252m)登山<鳥居平コース→久露滝コース>

先週に引き続き、筑北村里山(冠着山(かむりきやま))登山へ。
この山は地元では別名、姨捨伝説の姨捨山とも呼ばれてるらしい。

先週場所を四阿屋山を決める際、実は冠着山も候補の一つになっていた。
数少ない四阿屋山の情報(フライフィッシングとネコと戯れる休日さんのHP)によると、

ルートは4つ
1.鳥居平ルート(上り30分)
・もっとも平易なルート。20台の駐車スペース。
2.坊城平 いこいの森ルート
・登山口までは羽尾から狭く曲がりくねった急坂の林道を車で20分。
・途中から分かれる坊抱岩コース(約1時間)は途中に鎖場があり中級者向け。
3.久露滝ルート(上り2時間)
・登山口から10分の場所に高さ18mの久露滝がある。久露滝は滝の裏側も通ることができ、生きる化石と言われるハコネサンショウウオが今も生息する。
・登山口にはた駐車場はなく林道の路肩に駐車する必要がある。
4.八王子尾根ルート(上り3時間半)
・他の登山道に比べるとあまり整備されていない

「どうせなら神秘的な久露滝に行きたいが、大型のハイエースは駐車が不安。」
という理由から前回は見送っていたが、バイクで行けば道の広さや駐車スペースを気にする必要がないため、今回は久々に"バイクで登山"をする事にした。

登山口(久露滝登山口)の場所が分かり辛そうだったが、事前にGoogleマップで主要分岐点を予習してきたお陰で順調に県道498号聖高原千曲線までは順調。(^^)
がっ、林道千石線との分岐点で唖然!なんと全面通行止めの看板!


でも、もしかしたら...との期待から看板の脇をすり抜け更に進んいく。
すると、道路が完全に封鎖され強制通行止め(奥が崖崩れ)に!


しょうがなく引き返し、鳥居平登山口へ向かうことに。

鳥居平登山口到着。広い駐車場に車が一台も停まってない(もったいない)。(^^;



登山開始!(9:50) 入口は広い道路だが500m進むと普通の登山道になる。

   

途中の展望台(10:01)を素通りし、あっという間に頂上到着!(10:05)

     

先客に久露滝の事を聞いてみると、いこいの森に向かえば行けるとの事だったので、安心していこいの森方面に下っていく

登山者に堂々とした姿を魅せ付け聳え立つ巨木。(10:12)


冠着十三仏(10:23)→いこいの森(10:26)

     

いこいの森から舗装道路を下っていき林道久露滝線との分岐点さしかかると、またしても通行止め(工事中)予告の看板がっ!


とりあえず、通行止めの場所はもっと先だし、久露滝登山道への分岐点はこの先であることは確かなんで、林道を進んでいくことにした。ところが登山道との分岐点が全然見つからない!(T-T)
左側に登山道っぽい道があったので、その対面の林に登山道を探しに入ってみたが、見つからないどころか急斜面に足を取られ何度も落ちそうになる。(^^;(冷や汗)

一旦戻って看板を見直してみるがヒントは得られず、車で巡回中だった気さくなお巡りさんに聞いてみるが何の情報も得られない。しょうがないので、もう一度林道を更に奥まで進んでみると...

通行止めのゲート脇を抜け更に進むこと100m。右側に登山道の橋らしき物発見?!(11:02) 久露滝登山道を探してさまよう事20分。ようやくそれっぽい道を見つけ出したゾ~!(^^)/


がっ、安心したのも束の間。道を進む事10分。断崖絶壁の先端っぽい場所で道は途切れ、またもやふりだしに?!ところが、意気消沈し戻る途中、なんと左に下る道を発見!


そして遂に幻(?)の久露滝に辿く!(11:16)




見付けるのに苦労した分、余計に神秘的な滝に見えてしまう。
だが、残念ながらハコネサンショウウオは発見できなかった。(^^;

せっかくなので、久露滝登山口も確認しておくことにした。(11:34)

      

久露滝のちょっと上に四五守の滝という標識もあったが、木々に遮られ残念ながらどれがそうなのか良く分からなかった(沢まで降りれば分かったかも)。

林道まで登り、無難にいこいの村経由で戻ろうかとも思ったが、山頂まで最短距離の久露滝登山道を選択。(11:58)

     

最近登山者があまり通ってないのか所々登山道が葉や草で覆われている場所があり不安になったが(特に途中のいこいの森と山頂との分岐点から先は足元も悪く最悪→出口は標識は倒れ獣道化していた)無事鳥居平ルートに合流。(12:30)

     

もう一度山頂に登り、改めて休憩。(12:38)



今日の登山では、里山の良い所、悪い所、怖い所、等色々いい経験になった。
里山でも登山者の少ないマイナーな場所は、たかが里山と侮るべからず!

これで筑北村三山(聖山、四阿屋山、冠着山)制覇完了!

《冠着山(鳥居平ルート)》[距離]約1km [標高差]185m [登り]0:15 [下り]0:10
《冠着山(久露滝ルート)》[距離]約5km [標高差]565m [登り]1:03 [下り]??

:2016:08/13/06:42  ++  2016/08/06 四阿屋山(1387m)登山<中村ルート>

登山は5月の霧訪山以来ご無沙汰。
ということで足慣らしに近場の里山を登ってみる事にした。

今回選んだのは筑北村の四阿屋山(あずまやさん)
ルートは4つあるらしいが、自宅から一番近く見所の多さから中村ルートを選択。
(後で知った麻績 室沢ルートを含めると5つ)

1.坂北 中村ルート(上り1時間30分、下り1時間)
・石造群や見晴らし台、権現池等見所の多いルート
2.坂北 刈谷沢ルート(上り1時間、下り40分)
・登山口は中村ルートの登山口の1km先。途中から中村ルートと合流
3.本城 栃平沢ルート(上り1時間、下り40分)
・登山口は刈谷沢ルートの登山口から2.5km先。一部足場が悪く急な坂がある
4.坂井 草湯温泉ルート(上り2時間、下り1時間30分)
・急な登りもあり中級者向け
5.麻績 室沢ルート(上り1時間強、下り50分)

筑北村へは車で約1時間半。
坂北小学校の横を上り、細い道を少し迷いゲート(獣の進入防止柵)に辿り着く。


ゲートを開け閉めし更に登る事10分で中村登山口に到着。


空き空きの駐車スペースに車を停め、登山開始!(9:00)

登り始めて10分で最初の見所の御嶽石造物郡


ルートを左に外れ5分で到着。5体の石造に登山の無事をお祈り。(*  ̄)m†

登山道には白いキノコが一杯。これって食べれるのかな?


刈谷沢ルートとの合流地点の手前にあった権現池は少し期待外れ。(9:28)


ちょっとした急登を登り切り、見晴らし台に到着!(9:45)



いい天気だが、遠くがちょっと霞んでてちょっと残念。

見晴らし台から5分で山頂に到着!(9:51)
山頂は見晴しはそれ程でもないが、日陰も多くゆっくりできるいい場所かも。


1人先客がおり、美味しそうにラーメンを食べていた。(*^-^*)
話を聞くと、いつも電車を使った登山スタイルで今日は麻積の方から沢沿いのルートを登ってきたとの事(おすすめらしい)。ということは聖高原駅からずっと登ってきたって事?!w(゚o゚*)w お若くはないのに(60才位?)凄すぎ!

《四阿屋山(中村ルート)》[距離]2.8km [標高差]320m [登り]0:45 [下り]0:30

:2016:08/02/05:36  ++  インターネットラジオ(Raziko)で日本全国のAM/FMラジオが効き放題!

radikoの有料会員(radiko.jpプレミアム)になれば日本全国のラジオが聞き放題!
というのは常識。

Androidの場合、Razikoというアプリを使えば無料で日本全国のラジオが聞き放題!
という情報もかつて(2014/3/31まで)一部の人では常識であった。

偽装GPSを使いradikoを聴けば無料で日本全国のラジオが聞く事が出来る!
これが今の唯一の方法?(未確認)

のはずであったが、今でも昔のRazikoとradikoを使えば無料で全国のラジオが聞ける!?

自分の場合、Raziko 1.0.52radiko 3.1.1との組み合せてエリア外放送の聴取を確認。

確認できた端末は、IS01(Android1.6)IS04(Android2.2.2)SH-03C(Android2.2.2)IS15SH(Android4.0.4)FXC-5A(Android4.4.2)の5台。
最新のPriori 3S LTE(Android5.1)ではインストール不可で使用できなかった。

これらのスマホとBlutoothスピーカー(自分はI・O DATA CPSPK/BTを所有)との組み合わせで、Wi-Fiが接続できる場所であれば(SIM無し端末の場合)どこでもクリアな全国ラジオが聞ける。

     

iPadやiPhoneはraziko非対応であるが、
以下の方法でエリア外放送の聴取ができる

用意するアプリは次の3つ。
●VPN Gate、●OpenVPN、●radiko

手順は以下の通り
・VPN Gateを起動し、①か②の方法でVPNサーバーに接続する
①L2TP/IPsecプロトコル使用
・日本のVPN中継サーバーを適当に選びタップ
・「OpenVPN」(広告を下から上にスワイプ→プロトコルの右にある)
又は上側にあるアイコン(2つのうちどちらでもいい)をタップ
・「OpenVPNにコピー」をタップ
※選択したVPN中継サーバが「L2TP/IPsec」に対応していなければ接続できないため、
→VPNGateのクリップアイコン→「Open VPN Gate Site(JP)」→VPNGateサイトで確認
http://www.vpngate.net/ja/

②OpenVPN独自プロトコル使用 ※こちらの方法が確実
・VPNGateのクリップアイコン→「Open VPN Gate Site(JP)」→VPNGateサイト
・日本の任意のVPN中継サーバーの「OpenVPN設定ファイル」をタップ
・「IPアドレスが埋め込まれている.ovpnファイル」の下の「OpenVPN接続設定・・・」をタップ
・「"OpenVPN"で開く」をタップ

・OenVPN自動起動
・「+」をタップ
・「Connection」をONにする
→Bytes IN(OUT)の値が増え、ステータスバーにVPNが表示されば接続完了

・radiko起動
・自動認証→VPN中継サーバーのあるエリアと放送局一覧表示→放送局を選択し再生
※エリアが表示されるまでVPN中継サーバのある場所は分からないが、
 実績例のエリア対応は、115.187.78.206⇒大阪、218.251.113.20⇒東京

・radikoの自動認証が完了したらOpenVPNの「Connection」をOFFにする
又は設定のVPN→VPN構成 状況を未接続にする

考えてみれば、前記事の「庭でラジオが聞きたい!」という悩みは、この方法で解決できた訳で、ラジオの購入する必要がなかったかもしれない。←購入前に気付けよ!(^^;

:2016:07/28/06:30  ++  感度の高いラジオが欲しい!~Panasonic RF-U150A&Sony ICF-EX5の購入~

我が家は美ヶ原送信所から見て一段下がった場所にある為FMや地デジが受信し難い。
特に1F部屋や庭はノイジーで聴取に耐えられず、残念ながらラジオを聞きながら庭の剪定をしたり、庭でゆったりとFMの音楽を聴きながらお茶を飲むという事が出来ないでいた。

がっ!
「ラジオによって結構受信感度が違う」という事に今更ながら気付き、(^^;
受信感度の高いラジオを購入し試してみることにした。

緊急用として長期間使用することも考え、昔ながらのシンプルなアナログラジオの中から、高い受信感度で音質もまずまず(スピーカー)という基準で3機種を選定。
1.Panasonic RF-U150A-S:155x88x34mm/338g、AM/FM、3000円
2.Sony ICF-801:229x138x64mm/970g、AM/FM、6000円
3.Sony ICF-EX5MK2:264x149x63mm/1050g、AM/FM/ラジオNIKKEI、12300円
※重さは電池込み

801とEX5MK2は数少ない貴重なメイドインジャパン(十和田オーディオ)。
AMの感度はEX5MK2が一番で、FMの感度は大差なし。
U150Aは107時間/単二2本、801は65時間/単二3本、EX5MK2は65時間/単二4本。
※マンガン電池・FM受信・スピーカー使用時
801のみ電源コード付属、EX5MK2の専用ACアダプタ(AC-D4L)は約2500円。
※EX5MK2のACアダプタはCASIO AD-5460でも代用可
スピーカーの音質は801が最も良い。
EX5MK2のみ外部アンテナ端子あり。

     

     

だが便利なデジタル(DSP)ラジオもちょっと気になる。
4.TECSUN PL-310ET:168x108x50mm/299g、AM/FM/短波/長波、5800円。
デジタルの特徴で様々な選曲方法に対応(周波数直接入力、オート、ダイアルチューニング)。周波数をメモリ保存でき(550局)、スリープ機能もあり、外部アンテナ端子も付いている。電源は単三電池でUSBポートから電源供給や充電までできる。ネットでの評価はまずまずだが、しょせん中華製。(^^;

信頼できるメイドインジャパン(十和田オーディオ)のデジタルラジオはというと、
5.Sony ICF-SW7600GR:190x119x36/608g、AM/FM/短波/長波、29800円。
(並行輸入品なら19800円)
最高の機能と性能を持ち、発売から10年以上経っても、今だに世界標準機(新製品が出るたびにリファレンスとして比較される)として君臨しているらしい。

     

できれば良い物を買いたいという欲求はあるが、最低限自宅で気軽にラジオが聞ければいい。それに出来れば溜まったノジマポイント(1500ポイント)を活用したい。ということで、結局コストパフォーマンスを優先し、最もリーズナブルなRF-U150Aを購入する事にした。(^^)/


☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

思い起こせば、ラジオに目覚めたのは40年も前の小学生の頃
兄貴が持ってたNationalクーガ115(RF-1150、26900円)に憧れ

     

百貨店で出会ったSonyスカイセンサー5900(ICF-5900)が猛烈に欲しかったがお金がなく、

お金が溜まった頃、たまたま見かけたNationalクーガ113(RF-1130、23800円)を衝動的に買ってしまったが、スカイセンサー5900にすれば良かったと後悔し、

      

中学生になって、どうせ買い替えるなら本格的ラジオということでトリオのR-300(49800円)を購入。

夜な夜なBCL(Broadcasting Listening:短波による国際放送を聴取)を楽しんだものである。

その頃を思い出し、どうせなら短波放送も聞ける一生物のラジオを持ちたい!という気持ちが沸々と湧き上がってきた。
そんな気持ちに一番マッチするラジオはICF-EX5MK2。現在販売されてる中で唯一昭和の雰囲気が残る高性能ラジオである。
なのだが、短波はラジオNIKKEIしか対応しておらずBCLが楽しめない!それに1万円以上も出して今の自分の生活でどの位活用できるのか?という疑問がネックとなり、かろうじて踏みとどまっていた。

ところがっ!
40年前夢中になったラジオオーストラリアやBBC等がとうの昔に終了している(日本語短波放送は今やラジオNIKKEIを除きアジア諸国の数局を残すのみ)という事実を知り、そんなタイミングでAmazonで格安中古(5500円)のICF-EX5(EX5MK2の前のVer.で生産終了品、パネル表示が若干異なるだけで機能・性能は全く同じ)を見つけてしまったが最後、遂に歯止めが効かなくなり購入ボタンをポチッ!

そして「ICF-EX5にピッタリの半ハードキャリングケース」の情報から、それらしきCDケースを見つけ(サンワサプライ 72枚収納CD・DVDケース FCD-7205BK、販売終了品でサンワサプライのみ在庫あり)購入。情報通りEX5にピッタリ!これでアウトドアやPキャン時の持ち運びに困る事はないな。


      

肝心の感度はというと...
RF-U150AもICF-EX5も我が家の1Fや庭でFM長野(79.7MHz)をクリアに受信することができたが、RF-U150Aの方が若干感度が低くクリアな受信の為に多少場所を選ぶ必要があった。それに対しICF-EX5は我が家のどの場所でもFMをクリアに受信できた。この違いはロッドアンテナの長さの差(480mmと940mmでほぼ倍半分)によるものなのかな?

AMについては、どちらも信越放送(SBC、864kHz)とNHK長野 第1放送(540kHz)は受信できたが、EX5はノイズで聞き取り難いものも含め更に数局が受信できた。さすが評判のEX5という感じ。昔を思い出しちょっとだけBCLをやってみたくなった。でも山に囲まれたこの場所で微弱なAM電波を受信するためには中波用ループアンテナ(AN-200等)を準備する必要があるな。


短期間に連続して2台ものラジオを買ってしまうとは...
今だに物欲旺盛で、興味を持つと瞬間湯沸器的に盛り上がって、あれこれ調べて買わずにはいられなくなっちゃうんだよなぁ~。ほんと悪い癖だ。(^^;