忍者ブログ

nOnのなんでも情報館Blog

上越の釣り・携帯・PDA・パソコン・テニス・ギター・デジカメ・旅行・オートキャンプ・DIY等々、日常の話題からちょっとマニアックな裏技・裏情報まで、読んで楽し、知ってお得、やって便利な情報を提供する「nOnのなんでも情報館」です。皆さんからの様々な情報もお待ちしてます。
お気に入りに登録 フォト蔵 firestorage FlipClip アウトドア仲間掲示板 フリートク掲示板
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

:2017:10/30/06:03  ++  セカンドライフの準備<別宅地の建物の検討⑥(今時のタイニーハウス)>

今まで別宅地の上物として、主にログハウスを中心に検討してきた。

その理由は、多くのメーカーから様々なキットが出されていることと、別宅地が自宅からかなり離れているためセルフビルドは難しいが、もし施工だけでも請け負ってくれる業者さんが見つかれば、ちゃんとした家を比較的安く建てることが出来ると思ったからである。

だが最近ちょっとした小屋(タイニーハウス)ブームで、今までミニログハウスキット以外ほとんど見かけなかった小屋販売を大手各社がこぞって手掛け始めた

◆大手が扱う小屋の一例を挙げると...

1.BESSのログ小屋
・10m2、IMAGO-RとIMAGO-Aの2種類
・リーズナブルなセット価格(108万円、税込)
※NHKの所さん!大変ですよ「まさか!小屋でお悩み解決?」では90万円が強調されていたが、これはBESSのお客さん向けの特別価格
・セット販売のみで施工は行わない
※番組では設備・内装・電気工事等で200万円→施工も業者に依頼?
・非住居仕様となっている→仕様、性能が住居には適さない?



2.無印良品の小屋
・シンプルな箱型の小屋
・300万円(税込、施工費込み)
・2017年秋以降から販売


3.スノーピークの住箱
・建築家の隈研吾がデザインするオシャレな箱型の小屋
・350万円(税別)

◆大手以外でも小屋を扱うメーカーはいくつか存在する

4.マルス建築舎(モコホーム)のmocoYAシリーズ
・Type4.5:98万円(税別)、Type6:128万円(税別)
・Type ODL(ガレージっぽい)、Type hexagon(ガーデンハウス)
・仕様のカスタマイズ可能、各種オプションあり
・運搬/施工まで実施(費用別)



5.天城カントリー工房の6畳小屋(KIBAKO 改 amagear タイニーハウス)
・ノッポ(ロフトなし): 195万円(税別)
・チビタ(ロフトあり): 240万円(税別)
・住居として使えるスペック(強度、断熱性、機密性)
・設置は1日
・参考価格:ノッポ本体240万円+ロフト15万円+ウッドデッキ/パーゴラ50万円+運搬設置費25万円+基礎工事40万円+塗装工事20万円=390万円(税別)

6.YADOKARI
・6x2.4m(13.4m2): 300万円〜(税別)
・small(4.96m2): 140万円(税別)

7.茨木リフォーム
・オークションで見つけたマイナーな業者さん
・注文制作のプレハブ住宅?
・6帖位の面積ベースで11万/1帖位→6帖で66万円位(かなりリーズナブル)
・参考価格:ロフト、デッキ&オーニング、換気扇&コンセント付で75万円(税込)、上越までの配送費:11万円
      

◆快適性や見た目に拘らなければ選択肢は更に広がる

a.キャンピングトレーラー(トレーラーハウス)
・小型の中古キャンピングトレーラーなら100万円位
・維持費がかかる
 自動車税:10,200円程度、重量税:8,200円程度
 車検(2年毎):45,000円程度、自賠責保険料:4,650円(2年)

b.コンテナハウス
・中古ならかなり安くで買える
・運送料: 10~20万円位?(当然場所と業者で大きく異なる)
・近所(安曇野)でたまたま見つけた格安物件 

少し前と違って、選択肢がかなりでてきた。
まぁ、急いで建てる必要はないし、ゆっくり考えるとするか。(^^)/
PR

:2017:10/15/06:08  ++  フリードスパイクの秘密基地化⑮ ~バックドアへの網戸の取り付け(夏の暑さ対策)〜

夏もとっくに終わり、時期外れなネタだが(^^; ...

前記事にひきつづき夏の暑さ対策の話をもう一つ。

寝苦しい夏の車中泊では、窓を開けるのが一番効果的。
だが前記事で紹介したフロントドア用の網戸「Meltecウィンドーネット(フロント用) WP-30」だけでは不十分。ということで新たに導入したのがバックドア用網戸「メルテック バックドア用ウインドーネット WP-33」

      

取り付けは付属のクリップを使ってもいいが、それよりネットの周りを囲む紐をバックドアに付いてるウェザーストリップゴムの下に押し込めば見た目だけでなく非常に実用的(クリップが邪魔にならずネットを取り付けたままバックドアを閉める事ができる)でGood!

      

※最初ジッパーが開け閉めできない不良品が届いたが、購入先のホームセンターセブンが非常に良心的で新品を新たに送ってくれて無事解決

これで寝苦しい夜とおさらばできること間違い無し!

だが、これを使うとちょっとした問題が・・・
夜電気を付けると後ろから車内が丸見え。(/д\*))((*/Д\)ハズカシイ・・・

ということで、
バックドアの開放具合を調整する道具を自作することに。

準備したのは、①テント用ロープ(張り綱)と②S字フック(2個)の二つ。
この2つを繋いで紐の長さを適当に調整し、片方のS字フックをボディー側のストッパー金具に、もう片方をバックドアのドアロック部の横にある小さな穴に差し込めば、開放度大のドアストッパーの出来上がり。

      
      

一応これである程度のプライバシーは守れそうである。
しかし外から簡単に開けられ防犯上危険なため、場所を考えて使う必要がある。

防犯も考えたドアストッパーは市販されており(オグショーESボーンバー等)、それを真似て作った先人の方々も多数いるので、その一つを参考にもう一種類ドアストッパーを自作して見ることにした。

準備したのは、①アイボルト、②ユニクロUボルト、③長ナットの3つ。
※丸カンボルトはドアロック部に入らず使用不可
これらをギュっと強力に締め付けて止めれば出来上がり。

      

装着は、Uボルト側をストッパー金具、アイボルトをドアロック部へ。
ドアロックもでき、Uボルト側も簡単には外れないので防犯上問題なし。
市販品は5000円以上もするが、自作品は500円以下。なんとお得!

けど、せっかく自作したドアストッパー。
残念ながら使う機会がなく夏が終わってしまった。(^^;

:2017:10/14/07:27  ++  セカンドライフの準備<別宅地の建物の検討⑤(スウェーデンログハウスのミニログハウスのその後)>

前記事(スウェーデンログハウスのミニログハウス)のその後の話

2017年5月、スウェーデンログハウスさんから、私が希望していた5坪モデルに近いプラン<16㎡(4.85坪)+ロフトモデル>を正式にリトアニアの工場で見積もって貰ったとの連絡が入った。

がっ、その価格がなんと驚愕の297万円(税込)!!
え~|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~!?
以前見積もって頂いた暫定価格(156万円)のほぼ倍の価格である。

なんでそうなってしまったのか!?
根本的違いは、前回がスウェーデン製なのに対し今回はリトアニア製。
だがその違いも含め暫定価格を算出頂いたはずだったのだが...

スウェーデンログハウスさんにその理由を聞き、
なぜここまで値上りしてしまったのかを以下にまとめてみた。
 
<前回見積内訳>
■9.9m2ロフト5.4m2モデル(スウェーデンEkenas社製)

○図面

○キット価格:976900円
○陸送費:63000円
○仮設基礎:150000円
○建築組立工事:252000円
○消費税:115352円
◎合計:1557252円

<今回見積内訳>
■16m2ロフト10m2モデル(リトアニアkonvesta社製)
○図面

○キット価格:1917500円
○陸送費:63000円
○仮設基礎:250000円
○建築組立工事:520000円
○消費税:220040円
◎合計:2970540円

最も差が大きいのはキット価格。
平米数の増加がコストUpの理由であるのは確かなので、平米数が同じ9.9m2の場合の価格を単純計算してみると1186000円
(=1917500*9.9/16、※ロフトの広さは計算から省く)

確かにこれが一番大きく効いてるっぽい。
だが残りの約20万円の差はどこからくるのか?
それはスウェーデン製とリトアニア製の仕様の違いが大きいらしい。

<スウェーデン製とリトアニア製の違い>
■仕様の高級化
○天井板の違い
[ス] 屋根の野地板が室内の天井板を兼ねる
[リ] 内外の天井板を標準セット
○ベランダの広さとロフト仕様の違い
[ス] ベランダの出幅1000mm、
[リ] ベランダの出幅1200mm、ベランダの上もロフト
■その他
○材料費の高騰
[ス] 4年前の見積り→材料費が安い
[リ] 今現在の見積り→材料費が高い
○大量生産品/注文生産品の違い
[ス] 大量生産品(規格品仕様)
[リ] 注文生産品(注文製作扱い)

キット価格以外を見ても、仮設基礎が150000円から250000円と100000円のUp、建築組立工事が252000円から520000円と268000円のUpとなっているが、これらは作業費用の見積違いがその理由とのこと。
[前回] 作業費用を18000円/日で見積り+遠方作業考慮不足
[今回] 作業費用を20000円/日で見積り+遠方作業考慮

更にこれ以外にも、4年前から輸送費コストの値上がりや海上輸送のコンテナ料の値上りもあるらしい(今回見積りから更に陸送費がUpする?)。

尚、前回記事で記載した「価格は据え置きでログ厚を90mmにUpできるらしい」という情報は間違いで、今回のリトアニアkonvesta社製はログ厚70mmの仕様となっている。

以上を踏まえ、
今後の前回提示額に近い価格実現の可能性を考える

1.リトアニアにスウェーデン製と全く同じ仕様の見積りを依頼する
リトアニアkonvesta社がこの仕様変更を受け入れてくれることが前提となるが(断られる可能性あり)、その場合のTotal予想額は...
○キット価格:1186000円
○陸送費:63000円
○仮設基礎:155000円 (250000*9.9/16)
○建築組立工事:322000円 (520000*9.9/16)
○消費税:138080円
◎合計:1864080円

2.スウェーデンとの取引を継続してもらい再見積もりを取る
スウェーデンEkenas社との取引が継続でき、価格据え置きであった場合を想定すると、そのTotal予想額は...
○キット価格:976900円
○陸送費:63000円
○仮設基礎:155000円 (250000*9.9/16)
○建築組立工事:322000円 (520000*9.9/16)
○消費税:121352円
◎合計:1638252円

だがこれらは2つ共、もしもを前提にした空想論であり、実現の可能性はかなり低いと思われる。

残念だが夢のお城の建設は振り出しに戻ったかな...(T-T)

最後に、今回の見積額Upは、スウェーデンログハウスさんの故意によるものではなく、逆にできるだけ安くしてあげたいという厚意が裏目に出てしまった結果であり、その点は理解し感謝していることを付け加えておく。

:2017:09/10/07:00  ++  フリードスパイクの秘密基地化⑭ ~充電式扇風機(夏の暑さ対策)〜

夏真っ盛りの8/5、Villaプレイス小船津浜でせっせと草刈り。そして草刈りの後、いつもの様にフリードスパイクで車中泊をする事にしたのだが...

暑さが半端ない!

ある程度の暑さは想定していたが、ハイエース時代に使っていたフロントドア用の網戸「Meltecウィンドーネット(フロント用) WP-30」という強い味方もあるし、まぁ大丈夫かなと安易に考えていた。
ところが、フロントドアの窓を全開にしているのに拘らず後部座席&荷室には全く風が入ってこない!

だがこんな状況まで想定し?、新兵器の「充電式扇風機 WINTECH CFL-25」を準備していた!

     

実はこの新兵器、たまたまリサイクルショップで格安(800円)で売ってたのを見つけて衝動買いした物。しかし買った当初、何故か何時間100Vを印加し続けてもバッテリーが充電されない! たぶん長期間放置され過放電してしまったのだろう。一般的にバッテリーは過放電すると復旧させるのは難しいと言われているが、丸1日の充電でバッテリー電圧がコンマ数ボルトだけ上昇したので、僅かな可能性にかけ更に充電を続けてみることにした。すると...

なんと根気よく充電し続けること2週間、遂にフル充電が完了した〜!

しかも連続使用可能時間はフル負荷(扇風機強&照明&ラジオ使用)で1時間以上!十分使えるじゃん!諦めて返品しなくてよかった~♪(´▽`)ホッ

ちなみに、この扇風機はすでに販売を終了しており、バッテリー(RB645C)が劣化してしまうと不本意ながらゴミ化する運命なのだが、準互換品(?)のバッテリー(WP4-6)が売られており、若干の加工を施せば(出っ張りを削る)代用可能とのこと(ウシ子とウシ夫の牛歩旅の情報)。これから長く使いたいし販売終了する前に買っておくことにするかな。

ついでに、充電式扇風機ネタをもう一つ。実は夏前、携帯できる充電式の超小型扇風機も購入していた。この扇風機(Bengoo USB携帯扇風機)、見た目に反し風力が結構パワフルで、風量が3段階に可変でき、連続可能時間も弱で5時間以上と長く、非常に実用的で今では夏に欠かせない必需アイテムとなっている。


これら2つの充電式扇風機を持っていたお陰で、真夏の想定外の暑さのフリード車中泊をかろうじて乗り越えることができたのである。

そして次回は、もう一つの暑さ対策である「バックドアへの網戸の取り付け」を紹介する予定。

:2017:08/26/06:01  ++  フリードスパイクの秘密基地化⑬ ~窓の目隠しと簡易カーテン設置〜

フリードの秘密基地化はだいぶ進んできたのだが...

実は、車中泊の際プライバシーを守ったり断熱したりと、非常に重要な役目を持つ窓の目隠し(カーテンorマルチシェード)が今だに不十分だったりする。(^^;

窓の目隠しは、ハイエース時代に使ってたマルチシェードがうまく流用できればと思ったが、窓の大きさが全然違うんで当然そんなに上手くいく訳はない。
けど、6枚のハイエース用シェードの中から吸盤がかろうじてくっついて落っこちないシェードを選び、不要な吸盤を取り外したり邪魔な部分を折り曲げたりして、後部座席の左右の窓とバックドアの窓にどうにか貼り付けられる形にすることができた。

      

一時期は専用のフリード専用に作られたシェードを購入しようかとも思ったが、意外にフィットしてるんで(一部隙間はあるのが→見張り窓?(^^;)、しばらくはこれを使ってみることにしよう。

一度外したら同じように貼り付けられる自信がないんで、シェードにマジックで窓の位置を書き込む(ちょっとダサイが他の人が見る訳じゃないからまぁいいか)。

まあ~夏の日差しが強いうちは、このまま外さなくてもいいかな。

前方の目隠しにはカーテンを使う事に。
突っ張り棒にカーテンリングを通し、ヘッドレストの上に設置。
あとはカーテンを取り付け、カーテンの端をクリップで止めれば出来上がり。

      

上部は隙き隙きだけど、体を起こした時に顔が見えるぐらいだから、実用上これで十分。ヘッドレストが支えになって、ちょっとした力では落っこちないし、とりあえず使えそうかな。

ついでに、フリードスパイクの秘密基地化⑨ ~一人車中泊&輪行モード〜で紹介した、釣り竿の収納方法の改善の話。

前回からそれ程大きく変わってはいないが...(^^;
変えたのは、後ろ座席の手すりと竿とをマジックテープで直接固定したとこ。
ポイントは、手すりの穴ぼこに詰め物をして手すりを動かない様にした事。
たったこれだけの事で、走行時の竿の暴れがなくなり実用的になった。