忍者ブログ

nOnのなんでも情報館Blog

上越の釣り・携帯・PDA・パソコン・テニス・ギター・デジカメ・旅行・オートキャンプ・DIY等々、日常の話題からちょっとマニアックな裏技・裏情報まで、読んで楽し、知ってお得、やって便利な情報を提供する「nOnのなんでも情報館」です。皆さんからの様々な情報もお待ちしてます。
お気に入りに登録 フォト蔵 firestorage FlipClip アウトドア仲間掲示板 フリートク掲示板
03 2017/04 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 05

:2016:11/19/14:11  ++  舌下免疫療法で花粉症完全克服のリベンジ!

思い起こせば8年前、花粉症の根本治療に舌下減感作療法(この頃はこう呼ばれてた)なるものがある事を知った
だが、この頃はまだ臨床試験の段階で、たまたま近所のみのしまクリニックさんで臨床試験をやっていた事もあり、保険未適用の高額負担(3年で約30万円)を覚悟の上で被験者になろうとしたのだが...

結局、お金を掛けても完治しないというリスクを考え断念。
注射による減感作療法を選択。

5年8ヶ月(2008年12月~2014年8月)という長期間の治療により花粉症の症状がかなり抑えられてきたもの、依然として注射による若干の抗体反応は見られ、継続してもこれ以上改善する見込みは少ないとの判断から一旦治療を中断し様子を見る事にした。

その結果、治療中断から早2年で花粉症が再発!

花粉症治療を再開することにしたが、今や舌下免疫療法に保険が適用される時代。今回は痛い注射じゃなく手軽な舌下免疫療法で花粉症克服を目指す!

⇒実は「減感作療法による長期治療の結果から考えると、舌下免疫療法で完全克服は難しいかもしれないが、ある程度の効果が出るのなら、手軽なこの方法をやり続けることで花粉症の症状を抑え続けたい。」というのが本音(^^;

2016/11/16 舌下免疫療法の治療スタート

病院で超簡単な診察の後、薬局で薬液を入手。


その後病院に戻り、薬液を舌下に噴射し30分間様子を見て終了。
なんて簡単な診察と治療なんだろう。思ってた以上の手軽さにビックリ!
ちなみに診察費は1050円、薬代は720円。

毎日1回薬液を舌下に噴射。2分間保持した後呑み込むだけ

5分間の飲食、2時間の過激な運動、アルコールの摂取、入浴は避ける様になっているが、決まった時間に摂取する必要はないので(先生曰く、摂取間隔はざっくり12~48時間ぐらいとのこと)、摂取時間を調節すれば全く日常生活に支障をきたす事はない。

また保管は冷蔵庫となっているが、ググッった情報では「鳥居薬品によると、最初の1週間使うボトルは25℃で3か月、2週目のボトルと3週目以降使う使い切りパックは同温度で1週間は品質保持可能」とのことなので、今の時期は普通に持ち歩いても問題なさそうである。

こんな治療(治療という程じゃないが)で花粉症が良くなったら本当ラッキーかも。(^^)/
PR

:2016:05/14/09:47  ++  花粉症再び...

減感作療法による花粉症根本治療を中断(2014/8)2年目の春

昨年の春は、花粉症の症状が治療時とさほど変わらなかったので安心していたのだが...

今年、遂に恐れていた事が起きてしまった! 花粉症再発!!!

症状が出始めたのは3月中旬。時期からして明らかにスギ花粉によるアレルギー症状。

鼻水と喉の痛みが酷く夜中に何度も目が覚める。 治療前とほぼ同じ状態。(T-T)
今まで服用していたザイザルがほとんど効かず一時はどうなるかと思ったが、幸い嫁さんが服用していた新薬ディレグラのお陰で無事花粉の季節(3/b~5/a)を乗り越える事ができた。

けど、来年からまた花粉症で苦むことになるのだろうか?
そうならないためにも、夏頃から治療を再開しなければ。

今までと同じ減感作療法を選ぶか、新たな舌下免疫療法にトライするか、それが問題。

:2014:08/07/04:57  ++  減感作療法による花粉症根本治療一旦終了

2009年度から始めた減感作療法によるスギ花粉症の治療。
だいぶ症状は改善はしてきたものの、今だに完治までには至ってなく、現在3ヶ月に1度程度の通院(注射)を続けている。

そして2014/8/4、定期通院での診察で先生からこんな話が...
「維持量(最大濃度)になって、丁度5年経つし、一回治療を止めてみるか?」

今回の注射による膨疹は5mmで、腕部の腫れと痒みの反応も見られている。
一般的に減感作療法の治療は数年程度(10年も続けることは非常に希らしい)で、
自分の場合、このレベルの抗体反応が数年間続いていることから、これ以上の改善は難しいと判断されたのだろう。

ということで、減感作療法による花粉症の根本治療は一旦終了
だが、もしこれで症状が悪化した場合、再び治療を復活させることになるだろう。
けど、次は抗体反応の辛い注射でなく、気楽で副作用の少ない舌下免疫療法にしたい。
(ようやく実用化され、今年から保険が適用されるため)

梅華会耳鼻咽喉科グループHPより

そうならないことを祈りたいが...( * ̄)m 〔十〕アーメン

:2013:10/12/06:40  ++  舌下減感作療法ついに実用化へ!

舌下減感作療法が本年度ついに実用化されるらしい!(^^)/

重度の花粉症に苦しむ中、手軽に根本治療が行える(パンの小片に抽出液を垂らし舌の下に10分間ほど挟むだけ)舌下減感作療法のことを知ったのは、今から丁度5年前。

その頃はまだ臨床試験の真っ最中だったため、保険が適用されずかなりの経済的負担(3年で約30万円)を強いられることは分かっていたが、たまたま近所のみのしまクリニックさんでも臨床試験をやっていたこともあり、覚悟を決め舌下減感作療法にトライする寸前までいったのだが...

結局は、保険が適用される一般的な注射による減感作療法を選び今に至っている。

それから5年...ついにというか、やっと実用化か。
(聞いた話では、当初注射の減感作療法と同じ条件で臨床試験をやったため(条件の最適化検討が不十分)、実用化が数年遅れてしまったらしい)
あの頃実用されていたら注射で辛い思いもすることもなかったのになぁ~。
けど結果的には、この治療のお陰で5年間花粉症の症状がだいぶ抑えられ、それ程辛い思いをせずにすんだんだから、まぁいいかっ。

松本近郊で、お手軽に花粉症の根本治療を行いたい方は、
みのしまクリニックさんへどうぞ(いつから治療が可能なのかは不明です) !(^^)/
尚、私病院の手先ではありませんので、念のため。(^^;

:2011:04/28/07:25  ++  減感作療法による花粉症根本治療<3年目の効果>

2009年度から始めた減感作療法によるスギ花粉の治療も3年目となった。
現在維持量(0.3mg)を1ヶ月に1回投与しており、
先生曰く、「反応(紅斑、膨疹)は丁度いい」とのこと。
ただ、今だに注射後数時間後は酷いはれと若干の痒みがある。

さて今年の花粉の症状であるが、時期によって症状が違っていた。

3月末から4月始め頃まで(スギ花粉飛散時期?)
[薬の使用] 飲み薬、目薬、点鼻薬はまったく使用せず。
[喉の痛み] 3月はほとんどなかったが4月に入ると若干あり
[目の痒み] 時々痒くなり目をかいてしまうが耐えられない程ではない。
  眼鏡はほとんど使用せず。  ※減感作療法は目のかゆみにはあまり効かないとのこと
[鼻水・鼻づまり] 起床後数時間は鼻水が止まらない。日中は時々鼻水をすすったりかんだりする必要がある。マスクは基本的に屋内外関係なく常時使用。
[他の症状] 特になし。
[就寝時] 空気清浄機はつけてないが、花粉症の症状は特になし。

だが、この1~2週間程(ヒノキ花粉飛散時期?)、急激に症状が悪化してきた。
[薬の使用] 今のところ使ってない、というか貰ってないので使えない
[喉の痛み] 少しあるが、耐えられない程ではない。
[目の痒み] 朝すごい目のしょぼしょぼ感があり、目の周りはしわしわ。
  痒さに耐えれず時々目をかく事がある。
[鼻水・鼻づまり] 起床後数時間は鼻水が止まらない。日中は時々鼻水をすすったりかんだりする必要がある。また時々鼻水がツーと自分の意思とは関係なく流れ出ることがある。4月始め頃までに比べると症状が若干悪化しているが、鼻水が絶え間なく出続けるような耐えられない状態には至ってない。当然マスクは常時使用し、携帯型空気清浄機も常に首にぶら下げている。
[他の症状] 鼻がずっとむずむずし、くしゃみが頻繁に出る。
[就寝時] 一度だけ、夜中目が覚めたときに鼻水が止まらないことがあった。
※バイクツーリングをした日の夜から翌日にかけ、鼻水が全然止まらなく、最悪で耐えれない状態になったが、それ以降はどうにか持ち直した。

現在こちらでは、スギ花粉がだいぶ少なくなり、ヒノキ花粉が増えてるらしい。
(今年は例年に比べ少ないらしいが...)

みのしまクリニック花粉情報

自分はヒノキ花粉のアレルギーもあり、一昨年(昨年は覚えてない...)も丁度この時期に症状が悪化していた。そんな時期にバイクツーリングに出かけたのがちょっと無謀だったかもしれない。(^^;

だが、例年の10倍の飛散量と言われた今年、薬なしでどうにか過ごすことができた事を考えると、減感作療法の効果が出てきていると言えるえるえるだろう。

【2011-6-23追記】
この後、更に喉の痛みと鼻水が酷くなり、病院で飲み薬(ザイザル錠)を貰ってきた。
がっ、薬は全然効かず、ヒノキの花粉の時期を過ぎてもこの症状は続いた。
結局、症状が治まったのは、梅雨に入った6月中旬。
もしかしたら、去年まではなかった雑草系の花粉症が発症してしまったのかもしれない。