忍者ブログ

nOnのなんでも情報館Blog

上越の釣り・携帯・PDA・パソコン・テニス・ギター・デジカメ・旅行・オートキャンプ・DIY等々、日常の話題からちょっとマニアックな裏技・裏情報まで、読んで楽し、知ってお得、やって便利な情報を提供する「nOnのなんでも情報館」です。皆さんからの様々な情報もお待ちしてます。
お気に入りに登録 フォト蔵 firestorage FlipClip アウトドア仲間掲示板 フリートク掲示板
06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08

:2016:07/28/06:30  ++  感度の高いラジオが欲しい!~Panasonic RF-U150A&Sony ICF-EX5の購入~

我が家は美ヶ原送信所から見て一段下がった場所にある為FMや地デジが受信し難い。
特に1F部屋や庭はノイジーで聴取に耐えられず、残念ながらラジオを聞きながら庭の剪定をしたり、庭でゆったりとFMの音楽を聴きながらお茶を飲むという事が出来ないでいた。

がっ!
「ラジオによって結構受信感度が違う」という事に今更ながら気付き、(^^;
受信感度の高いラジオを購入し試してみることにした。

緊急用として長期間使用することも考え、昔ながらのシンプルなアナログラジオの中から、高い受信感度で音質もまずまず(スピーカー)という基準で3機種を選定。
1.Panasonic RF-U150A-S:155x88x34mm/338g、AM/FM、3000円
2.Sony ICF-801:229x138x64mm/970g、AM/FM、6000円
3.Sony ICF-EX5MK2:264x149x63mm/1050g、AM/FM/ラジオNIKKEI、12300円
※重さは電池込み

801とEX5MK2は数少ない貴重なメイドインジャパン(十和田オーディオ)。
AMの感度はEX5MK2が一番で、FMの感度は大差なし。
U150Aは107時間/単二2本、801は65時間/単二3本、EX5MK2は65時間/単二4本。
※マンガン電池・FM受信・スピーカー使用時
801のみ電源コード付属、EX5MK2の専用ACアダプタ(AC-D4L)は約2500円。
※EX5MK2のACアダプタはCASIO AD-5460でも代用可
スピーカーの音質は801が最も良い。
EX5MK2のみ外部アンテナ端子あり。

     

     

だが便利なデジタル(DSP)ラジオもちょっと気になる。
4.TECSUN PL-310ET:168x108x50mm/299g、AM/FM/短波/長波、5800円。
デジタルの特徴で様々な選曲方法に対応(周波数直接入力、オート、ダイアルチューニング)。周波数をメモリ保存でき(550局)、スリープ機能もあり、外部アンテナ端子も付いている。電源は単三電池でUSBポートから電源供給や充電までできる。ネットでの評価はまずまずだが、しょせん中華製。(^^;

信頼できるメイドインジャパン(十和田オーディオ)のデジタルラジオはというと、
5.Sony ICF-SW7600GR:190x119x36/608g、AM/FM/短波/長波、29800円。
(並行輸入品なら19800円)
最高の機能と性能を持ち、発売から10年以上経っても、今だに世界標準機(新製品が出るたびにリファレンスとして比較される)として君臨しているらしい。

     

できれば良い物を買いたいという欲求はあるが、最低限自宅で気軽にラジオが聞ければいい。それに出来れば溜まったノジマポイント(1500ポイント)を活用したい。ということで、結局コストパフォーマンスを優先し、最もリーズナブルなRF-U150Aを購入する事にした。(^^)/


☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

思い起こせば、ラジオに目覚めたのは40年も前の小学生の頃
兄貴が持ってたNationalクーガ115(RF-1150、26900円)に憧れ

     

百貨店で出会ったSonyスカイセンサー5900(ICF-5900)が猛烈に欲しかったがお金がなく、

お金が溜まった頃、たまたま見かけたNationalクーガ113(RF-1130、23800円)を衝動的に買ってしまったが、スカイセンサー5900にすれば良かったと後悔し、

      

中学生になって、どうせ買い替えるなら本格的ラジオということでトリオのR-300(49800円)を購入。

夜な夜なBCL(Broadcasting Listening:短波による国際放送を聴取)を楽しんだものである。

その頃を思い出し、どうせなら短波放送も聞ける一生物のラジオを持ちたい!という気持ちが沸々と湧き上がってきた。
そんな気持ちに一番マッチするラジオはICF-EX5MK2。現在販売されてる中で唯一昭和の雰囲気が残る高性能ラジオである。
なのだが、短波はラジオNIKKEIしか対応しておらずBCLが楽しめない!それに1万円以上も出して今の自分の生活でどの位活用できるのか?という疑問がネックとなり、かろうじて踏みとどまっていた。

ところがっ!
40年前夢中になったラジオオーストラリアやBBC等がとうの昔に終了している(日本語短波放送は今やラジオNIKKEIを除きアジア諸国の数局を残すのみ)という事実を知り、そんなタイミングでAmazonで格安中古(5500円)のICF-EX5(EX5MK2の前のVer.で生産終了品、パネル表示が若干異なるだけで機能・性能は全く同じ)を見つけてしまったが最後、遂に歯止めが効かなくなり購入ボタンをポチッ!

そして「ICF-EX5にピッタリの半ハードキャリングケース」の情報から、それらしきCDケースを見つけ(サンワサプライ 72枚収納CD・DVDケース FCD-7205BK、販売終了品でサンワサプライのみ在庫あり)購入。情報通りEX5にピッタリ!これでアウトドアやPキャン時の持ち運びに困る事はないな。


      

肝心の感度はというと...
RF-U150AもICF-EX5も我が家の1Fや庭でFM長野(79.7MHz)をクリアに受信することができたが、RF-U150Aの方が若干感度が低くクリアな受信の為に多少場所を選ぶ必要があった。それに対しICF-EX5は我が家のどの場所でもFMをクリアに受信できた。この違いはロッドアンテナの長さの差(480mmと940mmでほぼ倍半分)によるものなのかな?

AMについては、どちらも信越放送(SBC、864kHz)とNHK長野 第1放送(540kHz)は受信できたが、EX5はノイズで聞き取り難いものも含め更に数局が受信できた。さすが評判のEX5という感じ。昔を思い出しちょっとだけBCLをやってみたくなった。でも山に囲まれたこの場所で微弱なAM電波を受信するためには中波用ループアンテナ(AN-200等)を準備する必要があるな。


短期間に連続して2台ものラジオを買ってしまうとは...
今だに物欲旺盛で、興味を持つと瞬間湯沸器的に盛り上がって、あれこれ調べて買わずにはいられなくなっちゃうんだよなぁ~。ほんと悪い癖だ。(^^;
PR

:2016:01/27/05:18  ++  ミラーレス一眼レフ(DMC-GM1SK)を使い倒したい!~レンズ&フィルター編~

せっかく買った一眼レフ。レンズを変えて楽しみたい!
けど、交換レンズは非常に高価で、そう易々と購入することはできない。

GM1はレンズがマイクロフォーサーズという規格のため、PanasonicとOlympusの2社のレンズを使う事ができ、2社以外のレンズも合わせると今購入出来るものだけで約80種類ある

交換レンズで真っ先に思いつくのはマクロレンズ広角レンズ

<マクロレンズ>
ちゃんとしたマクロレンズだと5万円程度はしてしまう。


がっ、マクロっぽい写真が撮れるクローズアップレンズなら、なんと1/25の価格!


GM1のレンズ径37mmに対し52mmの径なんで、ステップアップリングと一緒に購入。


<広角/魚眼レンズ>
これもちゃんとしたものなら5万円程度してしまうが...



ボディキャップの機能を果たしながらも、ちょっとした広角や魚眼っぽい写真が楽しめるレンズフィッシュアイボディーキャップレンズBCL-0980なら1万円弱で買えちゃう!
※GM1で使うにはカスタム設定の「レンズ無しレリーズ」をONにする必要がある


画角は140度(35mm判換算で18mm相当で)なんで、広角の雰囲気が味わえる程度。
ただ絞りがF8.0固定なので、夜の写真はちょっと厳しいかも。
※ソフトで歪曲補正を行えば超広角に近い写真に修整できる

また湾曲が大きく20cmまでの接写が可能なので、鼻デカっぽい写真も撮れるらしい♪

と、色々と楽しめそうなレンズなんで、思い切って購入してみることにした。

<フィルター>
以前、ミノルタのDimage 7用に購入したPL(偏光)フィルターND(減光)フィルター。
※PLフィルター:反射を消したり青空の色を濃くしたりして色彩を鮮やかに表現する
 NDフィルター:レンズに入る光量を減らし花火や水風景等を長時間露光で撮影できる

      
※実際に所有するNDフィルターはCF-SND449

これを有効活用したかったが、GM1のレンズ径が37mmに対しフィルター径は49mm。
このままでは取り付かないので、ステップアップリング(37-49mm)を購入。


37-52mmステップアップリングは詳しく調べないままKenko製を購入したのだが、こんなに安いんだったらマルミ製にすれば良かったかな?


GM1用アクセサをこれだけ揃えても小型ポーチに収まるレベル。


気軽に外に持ち出してGM1ライフをEnjoyするゾ!(^^)/

:2016:01/25/18:32  ++  ミラーレス一眼レフ(DMC-GM1SK)を使い倒したい!~携帯性向上と安全性確保~

せっかく購入したミラーレス一眼レフ「DMC-GM1SK」
コンパクト且つ高性能な利点を活かし、色んな場所に持ち歩き、色んな写真を撮りたい!

がっ、そのためには、まずカメラをどこにでも安全に持ち歩ける状態にする必要がある。
カメラにストラップを付けないと落っことして壊す可能性があるし、裸のままで持ち歩くとボディーを傷付ける可能性が高い。

ということで、まずGM1にピッタリのケースを探すことに。
単にピッタリというだけでなく、色んなシチュエーションを考え、次の3パターンに対応できるケースが望ましい。
①肩に掛けられる
②ズボンのベルト(横向きのベルト)に付けられる
③ザックのショルダーベルト(縦向きのベルト)に付けられる

この条件にマッチしたのが、Loweproのデジタルカメラケース「ダッシュポイント20」


レビューではGM1にピッタリということであったが、実際には若干ゆとりがあり、登山等激しい動きでカメラが擦れる可能性があるため、中に柔らかい100均ケースを入れて対策した。

次がストラップの工夫
街歩きなんかでは、付属のショルダーストラップを普通に取り付けた方が使い易かったりするが、カメラケースに入れて持ち歩くとなると、逆にショルダーストラップが邪魔になってしまう。
なんで、ショルダーストラップの両端に100均のワンタッチフックを取り付け、使い方に応じてストラップを自由に取り付け/取り外しできる様にした。
また、カメラケースからカメラを取り出して使う際、誤ってカメラを落下させてしまう恐れがある為、この対策としてカメラの下側にある三脚固定用ネジにストラップを取り付け、更に命綱の回転式リールクリップが取り付けられる紐も取り付けた。 



あと心配なのが、GM1のバッテリーの持ち。
持ちが悪いとの評価もある為、念のため予備のバッテリーも購入。


また、タッチパネルを採用したGM1では液晶画面の保護は必需。
仕上がりの綺麗さを考えると専用の液晶保護フィルムが一番。


けど、もしかしたら百均にあるかも?!と探してみると...
スマホ向けばっかでピッタリの物は見つからず。
がっ、使えそうな物をシルクで発見!


GM1の液晶の大きさが70x45mmなのに対し、このフィルムは70x140mm。
つまり、70mm辺はそのまま使え、もう一方を45mmに切ればいい。
しかも1mmの方眼で寸法測定は不要。剥がれ難さを考え四つ角を気持ちカット。
あまりにもピッタリで液晶への位置合わせは少し難しいが、
無事気泡も入らず、貼り付け完了!(失敗しても3枚とれるから嬉しい)

暖かくなったら、山に持って行って綺麗な景色を一杯撮るゾ~!(^^)/

:2015:10/31/09:21  ++  コンパクトミラーレス一眼レフ LUMIX DMC-GM1SK-T ダブルズームキットが激安大特価!

今所有するデジカメは3台。
①ペンダックス Optio W10
②オリンパス SZ-20
③キャノン EOS Kiss X4 ダブルズームセット

①は何時でも何処でもの普段使い用、②は旅行等で動画をメインに撮影したく尚且つ写真も撮りたい時用、③は景色等を本格的に撮る時用という使い分けをしている。

普段使い用カメラとして使っているOptio W10は、2007年6月に当時夢中になっていたカヤック遊びの様子を取りたくて購入した艇の沈にも容易に耐えられる本格的防水カメラ。
一世代(約10年)前の防水メインで選んだ機種であるため画像品質はそれなり。

旅行用カメラとして使っているSZ-20は、標準条件だと露出オーバー気味になり常にPモードで露出を-0.7に調整して使っており、せっかくのiAUTOや16種類のシーンモードが生かせず画質がかなり不満。

という背景があり、そろそろ普段使いのカメラを今の時代に合った高機能・高性能なカメラに買い替えたいなぁ~、と考え始め、ネットで色々と調べてみると...

SonyサイバーショットDSC-RX100がなかなかよさげ。


画質のユーザ評価が非常に高く、実際に撮影された写真を見ても凄く綺麗!
HDR機能も備え、明暗差の大きい被写体でも黒潰れや白飛びなくはっきりクッキリ撮影できる。
値段は価格.comで34500円と許容範囲内。コンデジならこれが一番の候補!

あと気になったのが、LUMIX DMC-GM1SKレンズキット


ミラーレス一眼レフでありながら小型軽量。98.5x54.9x30.4mm/173g(本体)と、RX100の101.6x58.1x35.9mm/213g(本体)より小さい!(レンズを付けたら98.5x54.9x54.4mm/274gだが)
一眼レフなんで画質は折り紙つき。HDR機能に加えWi-Fi機能まで付いている。
丁度在庫処分(生産終了)で価格が急落しており、なんとレンズキットが29600円!
ズームレンズが付いたカメラのキタムラオリジナルのダブルズームキットだと42800円!

更に!ダブルズームキットをカメラのキタムラ Yahoo店で購入すると...
様々なポイント還元が加わり、なんと!実質35524円!

RX100、DMC-GM1SKレンズキットと(購入しないことを含め)色々迷ったが、、DMC-GM1SKダブルズームキットがこの値段だと絶対買いでしょ!ということでポチッ。半分勢いで購入。(^^;

たまたま福岡ソフトバンクの優勝と重なり1500円ぐらい得した感じ。
在庫処分時期&優勝セール中今がチャンスだよ!

------------------<購入したカメラの仕様と価格の詳細>------------------
[購入品] パナソニック LUMIX DMC-GM1SK-T ダブルズームキット ブラウン
[購入店] カメラのキタムラ Yahoo店
[購入価格(税込)] 42800円(67%オフ)
■セット内容■
・カメラ本体 LUMIX DMC-GM1SK-T(ブラウン)
・LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
(35mm換算 24-64m/フィルター径37mm)
・LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 POWER O.I.S.
(35mm換算 90-350mm / フィルター径 46mm)
■定価(発売時価格or小売価格)■
DMC-GM1SK-Tレンズセット:発売時価格 73870円(発売日 2014年11月28日)
LUMIX G VARIO 12-32mm:メーカ希望小売価格 45360円(発売日 2013年11月21日)
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm:メーカ希望小売価格 57780円(発売日 2011年10月13日)
⇒LUMIX DMC-GM1SK-T ダブルズームキット定価:131650円
■購入価格(還元Point)■
・ストアポイント3倍
→合計3倍(1284point)※決済確定時に進呈
・Yahoo!プレミアム会員限定!Tポイント5倍!(4倍)
・Yahoo!ショッピングアプリ限定!Tポイント3倍!(2倍)
→合計6倍(2568point)※16日から月末までのご購入分はの翌月10日前後に進呈
・祝優勝!福岡ソフトバンクホークス エントリーで+4倍キャンペーン
・Yahoo! JAPANカードのお支払いで+2倍
・Y!mobile利用者なら+2倍
→合計8倍(3424point)※2015年11月25日前後に進呈、有効期限は約2週間
⇒実質価格:35524円(73%オフ)
※ポイント計算に多少間違いがあるかも
----------------------------------------------------------------------

:2014:05/28/07:23  ++  日本で一番?天国に近いテニス倶楽部

清水高原(長野県山形村)のテニス倶楽部『清水クラブ』に入部した。

標高は1300m。たぶん日本で一番標高が高く、「天国に近い」テニスクラブ。


「天国に近い」という表現は、標高だけの意味ではない。

松本平と美ヶ原を一望できる景色!


隣接する温泉施設(スカイランドきよみず)♪


広いテラス、ドラム缶ピザ釜、バーベキューコンロまで揃ったクラブハウス。


綺麗に整備されたコート。

そしてお酒(*^-^*) ←スカイランドきよみずで調達 ※運転手付きの場合に限る

日常の喧噪を忘れ、疲れた心を癒やすためのアイテムがてんこ盛りなのである。

『清水クラブ』の代表者である澤田さんは、テニスの代表に留まらず、清水高原での様々なイベント(『清水高原アートフェスティバル』等)を企画・運営する等、清水高原を盛り上げるための活動を積極的に行っている。

私もこれから色々な活動に協力し、清水高原活性化の手助けをして行きたい。(^^)/