忍者ブログ

nOnのなんでも情報館Blog

上越の釣り・携帯・PDA・パソコン・テニス・ギター・デジカメ・旅行・オートキャンプ・DIY等々、日常の話題からちょっとマニアックな裏技・裏情報まで、読んで楽し、知ってお得、やって便利な情報を提供する「nOnのなんでも情報館」です。皆さんからの様々な情報もお待ちしてます。
お気に入りに登録 フォト蔵 firestorage FlipClip アウトドア仲間掲示板 フリートク掲示板
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 9 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

:2016:08/14/06:46  ++  2016/08/12 冠着山(1252m)登山<鳥居平コース→久露滝コース>

先週に引き続き、筑北村里山(冠着山(かむりきやま))登山へ。
この山は地元では別名、姨捨伝説の姨捨山とも呼ばれてるらしい。

先週場所を四阿屋山を決める際、実は冠着山も候補の一つになっていた。
数少ない四阿屋山の情報(フライフィッシングとネコと戯れる休日さんのHP)によると、

ルートは4つ
1.鳥居平ルート(上り30分)
・もっとも平易なルート。20台の駐車スペース。
2.坊城平 いこいの森ルート
・登山口までは羽尾から狭く曲がりくねった急坂の林道を車で20分。
・途中から分かれる坊抱岩コース(約1時間)は途中に鎖場があり中級者向け。
3.久露滝ルート(上り2時間)
・登山口から10分の場所に高さ18mの久露滝がある。久露滝は滝の裏側も通ることができ、生きる化石と言われるハコネサンショウウオが今も生息する。
・登山口にはた駐車場はなく林道の路肩に駐車する必要がある。
4.八王子尾根ルート(上り3時間半)
・他の登山道に比べるとあまり整備されていない

「どうせなら神秘的な久露滝に行きたいが、大型のハイエースは駐車が不安。」
という理由から前回は見送っていたが、バイクで行けば道の広さや駐車スペースを気にする必要がないため、今回は久々に"バイクで登山"をする事にした。

登山口(久露滝登山口)の場所が分かり辛そうだったが、事前にGoogleマップで主要分岐点を予習してきたお陰で順調に県道498号聖高原千曲線までは順調。(^^)
がっ、林道千石線との分岐点で唖然!なんと全面通行止めの看板!


でも、もしかしたら...との期待から看板の脇をすり抜け更に進んいく。
すると、道路が完全に封鎖され強制通行止め(奥が崖崩れ)に!


しょうがなく引き返し、鳥居平登山口へ向かうことに。

鳥居平登山口到着。広い駐車場に車が一台も停まってない(もったいない)。(^^;



登山開始!(9:50) 入口は広い道路だが500m進むと普通の登山道になる。

   

途中の展望台(10:01)を素通りし、あっという間に頂上到着!(10:05)

     

先客に久露滝の事を聞いてみると、いこいの森に向かえば行けるとの事だったので、安心していこいの森方面に下っていく

登山者に堂々とした姿を魅せ付け聳え立つ巨木。(10:12)


冠着十三仏(10:23)→いこいの森(10:26)

     

いこいの森から舗装道路を下っていき林道久露滝線との分岐点さしかかると、またしても通行止め(工事中)予告の看板がっ!


とりあえず、通行止めの場所はもっと先だし、久露滝登山道への分岐点はこの先であることは確かなんで、林道を進んでいくことにした。ところが登山道との分岐点が全然見つからない!(T-T)
左側に登山道っぽい道があったので、その対面の林に登山道を探しに入ってみたが、見つからないどころか急斜面に足を取られ何度も落ちそうになる。(^^;(冷や汗)

一旦戻って看板を見直してみるがヒントは得られず、車で巡回中だった気さくなお巡りさんに聞いてみるが何の情報も得られない。しょうがないので、もう一度林道を更に奥まで進んでみると...

通行止めのゲート脇を抜け更に進むこと100m。右側に登山道の橋らしき物発見?!(11:02) 久露滝登山道を探してさまよう事20分。ようやくそれっぽい道を見つけ出したゾ~!(^^)/


がっ、安心したのも束の間。道を進む事10分。断崖絶壁の先端っぽい場所で道は途切れ、またもやふりだしに?!ところが、意気消沈し戻る途中、なんと左に下る道を発見!


そして遂に幻(?)の久露滝に辿く!(11:16)




見付けるのに苦労した分、余計に神秘的な滝に見えてしまう。
だが、残念ながらハコネサンショウウオは発見できなかった。(^^;

せっかくなので、久露滝登山口も確認しておくことにした。(11:34)

      

久露滝のちょっと上に四五守の滝という標識もあったが、木々に遮られ残念ながらどれがそうなのか良く分からなかった(沢まで降りれば分かったかも)。

林道まで登り、無難にいこいの村経由で戻ろうかとも思ったが、山頂まで最短距離の久露滝登山道を選択。(11:58)

     

最近登山者があまり通ってないのか所々登山道が葉や草で覆われている場所があり不安になったが(特に途中のいこいの森と山頂との分岐点から先は足元も悪く最悪→出口は標識は倒れ獣道化していた)無事鳥居平ルートに合流。(12:30)

     

もう一度山頂に登り、改めて休憩。(12:38)



今日の登山では、里山の良い所、悪い所、怖い所、等色々いい経験になった。
里山でも登山者の少ないマイナーな場所は、たかが里山と侮るべからず!

これで筑北村三山(聖山、四阿屋山、冠着山)制覇完了!

《冠着山(鳥居平ルート)》[距離]約1km [標高差]185m [登り]0:15 [下り]0:10
《冠着山(久露滝ルート)》[距離]約5km [標高差]565m [登り]1:03 [下り]??
PR

:2016:08/13/06:42  ++  2016/08/06 四阿屋山(1387m)登山<中村ルート>

登山は5月の霧訪山以来ご無沙汰。
ということで足慣らしに近場の里山を登ってみる事にした。

今回選んだのは筑北村の四阿屋山(あずまやさん)
ルートは4つあるらしいが、自宅から一番近く見所の多さから中村ルートを選択。
(後で知った麻績 室沢ルートを含めると5つ)

1.坂北 中村ルート(上り1時間30分、下り1時間)
・石造群や見晴らし台、権現池等見所の多いルート
2.坂北 刈谷沢ルート(上り1時間、下り40分)
・登山口は中村ルートの登山口の1km先。途中から中村ルートと合流
3.本城 栃平沢ルート(上り1時間、下り40分)
・登山口は刈谷沢ルートの登山口から2.5km先。一部足場が悪く急な坂がある
4.坂井 草湯温泉ルート(上り2時間、下り1時間30分)
・急な登りもあり中級者向け
5.麻績 室沢ルート(上り1時間強、下り50分)

筑北村へは車で約1時間半。
坂北小学校の横を上り、細い道を少し迷いゲート(獣の進入防止柵)に辿り着く。


ゲートを開け閉めし更に登る事10分で中村登山口に到着。


空き空きの駐車スペースに車を停め、登山開始!(9:00)

登り始めて10分で最初の見所の御嶽石造物郡


ルートを左に外れ5分で到着。5体の石造に登山の無事をお祈り。(*  ̄)m†

登山道には白いキノコが一杯。これって食べれるのかな?


刈谷沢ルートとの合流地点の手前にあった権現池は少し期待外れ。(9:28)


ちょっとした急登を登り切り、見晴らし台に到着!(9:45)



いい天気だが、遠くがちょっと霞んでてちょっと残念。

見晴らし台から5分で山頂に到着!(9:51)
山頂は見晴しはそれ程でもないが、日陰も多くゆっくりできるいい場所かも。


1人先客がおり、美味しそうにラーメンを食べていた。(*^-^*)
話を聞くと、いつも電車を使った登山スタイルで今日は麻積の方から沢沿いのルートを登ってきたとの事(おすすめらしい)。ということは聖高原駅からずっと登ってきたって事?!w(゚o゚*)w お若くはないのに(60才位?)凄すぎ!

《四阿屋山(中村ルート)》[距離]2.8km [標高差]320m [登り]0:45 [下り]0:30

:2016:06/07/05:51  ++  2016/05/02 霧訪山(1305m)登山<山ノ神自然園コース>

もう何度も登っている霧訪山だが、今回は最も塩尻に違い山ノ神自然園コースからの登山。


山ノ神自然園の場所が分かり辛く、カーナビを頼ってどうにか到着。(^^;
       
GW(&午前少し遅い時間)だからか、人気の場所だからか駐車場はほぼ満杯。
かろうじて隅っこに駐車し、さっそく出発!(10:00)

     

山の神自然園 矢沢川の水辺を通り、登山口へ向かう。

      

水辺の小道の出口にある雄床山神社。(10:05)


ちょっといい雰囲気のたまらずの池。(10:10)
帰りにちょっと寄ってみようかな。(^^)/
 

たまらずの池から3分で霧訪山登山口。登山スタート!(10:13)


安曇幹線2号線 No.34鉄塔。(10:28)


ブナの分岐(大芝山-霧訪山分岐)。(10:45)


霧訪山頂上到着!(10:53)

せっかく来たんで遠景を見ながらちょっと一息。と思ったのだが...
なんと、子供が次から次へと集まってくるではないか!
どうも小学校の学校登山に出くわしたっぽい。
 

子供の数は遂には30人以上まで膨れ上がり、頂上で昼食まで取りそうな気配。
「こりゃ落ち着かないな。」ということで、早々に退散する事に。

このコースは急登も少なく、山の神自然園でゆっくりできるため、子供連れや登山初心者に最適かもしれない。(^^)/

:2016:02/13/18:55  ++  BaseCamp Mobileサポート終了で動揺&fenixJ Ver.Upで使い勝手向上!

久しぶりの諏訪湖ウォーキング♪  一周(16km)2時間25分で完歩。(^^)/

この時シーズンオフで使ってなかったfenixJを引っ張り出しログを取得
で、いつものようにiPad mini 2のBaseCamp MobileとfenixJを接続しログを取り出そうとしたところ...

なぜかBluetooth接続できない???
(デバイスのスキャンを押すと強制終了される)

BaseCamp Mobileのバージョンが低いせい?と疑い、App Storeを検索するがなぜかアプリが見つからない。(._.)?

まさか最近iPadをiOS 9.2.1に上げたせい?と疑いiOSのダウングレードの方法を調べてみるが、正式なダウングレードはすでに以前のVer.の署名が発行されてないため不可能らしい。(T-T)
脱獄すればもしかするとダウングレードが可能なのかもしれないが、現時点ではiOS 9.2.1の脱獄は不可能らしい(有名ハッカーはすでに脱獄を成功してるらしいがその方法は一般公開されてない)。

何かヒントはないものかとネットを調べると...
GARMINの正規代理店いいよねっとにこんな告知が。
「BaseCamp Mobile(iOS) ※2015年10月21日をもってサービス終了」
なんじゃそりゃ~!!! クラウドサービス自体がなくなったのかっ!?

この事とBluetooth接続不良とは直接関係ないかもしれないが、iPadとPCのBaceCampが同期できないのなら、仮にiPadとfenixJが接続できたとしても、iPadを介してPCとfenixJのデータのやり取り(ポイント、ルート、軌跡の読み書き)を行うことはできない。
USBケーブル接続の手間はあるが、直接PCとfenixJでやり取りするしかない!

ついでにこの機会にfenixJを2.50から2.60にバージョンアップ
本バーションでは嬉しい事に二つの便利な機能が追加されたようだ。
①スマホのメールや電話の着信をfenixJに通知(Android,iOS)できる
②アシストGPS(A-GPS)機能に対応 ※特定の状況下でGPSの立ち上げを改善するシステム

①については、設定にBluetoothメニューが追加されており、事前にスマホとペアリングしておけば、メールや電話が着信するとfenixJの画面にその旨が表示される。
こちらの紹介記事によると「メールの受信は通知だけでなく、全文が読める」となっているが、少なくとも私のAndroidスマホでは通知だけで本文を読むことはできない(iPhoneでは可能なのかも)。
スマートウォッチ替わりで凄く便利!けどBluetooth使用によるバッテリーの持ちが心配。


②についても、紹介記事では「Garmin ConnectアプリとBluetooth接続すると、GPS衛星補足をアシストするデータがfenixJに自動ダウンロードされる(GPSフォルダ内にEPO.binファイルが生成)」となっているが、iPadとAndroidスマホにGarmin Connect Mobileをインストールしあれこれやってみても、なぜかEPO.binが生成されず、諦めてこちらのサイトからEPO.binをダウンロードし、手動でGPSフォルダの作成とファイルのコピーを行おうと思ってた所いつの間にか作成されており一安心。(^^;
A-GPSの効果は素晴らしい!今まで位置の同定に数十秒かかってたのがなんと僅か数秒!

今回の諏訪湖一周ウォーキングではログを約3時間記録したのだが...
ナビもせず、軌跡の記録のみ(間隔=標準)であったにも関わらず、なぜかバッテリーが50%も減っていた。これだと登山で何かあったときにバッテリー切れで使えないという大事になりかねない。

バッテリーはこれから更に劣化し持たなくなってくるので、使い方をちょっと見直そう
○無駄なナビは行わない。
○いざというときにのみナビを行う。
○ウルトラトラックで最低限(60秒に一回)のログ記録にする。
 
<ウルトラトラックの設定> 
□設定
 ◆システム
  衛星受信モード: *ウルトラトラック
 ◆軌跡
  自動ポーズ: *オフ
 ◆フィットネス
  自動ラップ: *オフ
□アラート
 ◆距離
  間隔: *無効

<fenixJ使用時に確認した方がいい設定>
□設定
 ◆システム
  MSAS/WAAS: オン
 ◆センサ-
  ◇コンパス
   電子コンパス: 自動
        復帰速度=5km/h ※電子コンパス(地磁気)に切り替わる条件
        維持時間=30sec
  ◇気圧高度計
   沿面設定: オン
 ◆地図
  地図表示: トラックアップ/ノースアップ
  ポイント: 5km/...

あと、fenixJは充電しながら動作させることも可能なので、モバイルバッテリーと充電ケーブルを携帯し、休憩時間等に充電するようにすれば、バッテリー切れというアクシデントはまず発生しないであろう。

:2015:09/12/07:48  ++  2015/9/5 雨飾山(1963m)登山

数週間振りに週末晴れの予報。土曜の午前中というピンポイントで、その後下り坂ということを考えると、山の天気はちょっと怪しい気もするが...久々のお出掛け日和情報に後押しされ、思い切って山登りに出掛けることにした。

向かった先は小谷村の雨飾山
日本海が望める360度の絶景が売りの日本百名山である。

我が家から車で2時間、雨飾高原キャンプ場に到着。(8:15)
さすがメジャー級。この時間だと駐車場は満杯。

どうにか端っこに駐車し準備を整え、まずは登山開始の記念撮影...
と思ったら「カメラがない!」 どうやら家に忘れてきてしまったようである。
登山の思い出に不可欠なカメラを忘れるとは、なんという不覚!
しょうがないスマホのカメラを使うことにしよう(画質は悪いけど)。

雨飾山登山口出発!

      

500m程の平らな湿地帯をウォーキングした後本格的登山が始まる。

それなりの急登を登り続ける事50分、突然視界が広がる!
山を分断する様に流れる荒管沢。大自然の景観に見惚れホッと一息。


ちょっと前に見下ろした荒管沢。
事前情報ではここが水場となっていたが、沢の水ってこと?


時々青空が顔を出す程度で、依然天気は回復しない。


7/11~9/11はかなりの急登!梯子やロープもあり以前登った常念岳を髣髴させる。


展望が開けているはずの笹平も霧に覆われていたが...
笹の原の稜線を歩いていると、後ろ側がちょっとだけ晴れてきた!


頂上まであと僅か!




最後の急登であやうく足が攣りかける。(^^;
やはり2時間ほぼ休憩なしで登るのは50の年寄にはちょっと厳しいか?
幸い軽いストレッチと足の揉み解でどうにか回復し登山再開。

雨飾山頂上(南峰、1963m)到着!


360度の大展望!北アルプスや日本海も見渡せる絶景のはずが...
歩いてきた笹平の方向が僅かに明るく見える程度。(T-T)


雨飾山は「猫の耳」と呼ばれる二つの山頂を持ち、手前の北峰には石仏が置かれている。


天気が悪い事をある程度予想していたとは言え、
実際苦労して登った結末がこうだと、やっぱりちょっと悲しい。(T-T)

ちょっと遠い雨飾山。リベンジはいつになることやら...

■最大標高差:807m
■獲得標高: 上り:827m 下り:70m
■距離 3.7km
■参考登りコースタイム:3:40  ■ 参考下りコースタイム:2:40
<登り:雨飾高原キャンプ場→雨飾山山頂(2:07)>
    8:25雨飾山登山→9:18荒管沢→10:09笹平→10:32雨飾山南峰
<下り:雨飾山南峰→雨飾高原キャンプ場(1:50)>

P.S.
今回、年末に購入した登山靴を初めて履いてみたが、ゆとりのある履き心地で、以前の様に爪が圧迫され死んでしまうということにはならなかったが、足の一部が痛く又靴ズレもしてしまった。
何回か履いて馴染んでくれればいいのだが...