忍者ブログ

nOnのなんでも情報館Blog

上越の釣り・携帯・PDA・パソコン・テニス・ギター・デジカメ・旅行・オートキャンプ・DIY等々、日常の話題からちょっとマニアックな裏技・裏情報まで、読んで楽し、知ってお得、やって便利な情報を提供する「nOnのなんでも情報館」です。皆さんからの様々な情報もお待ちしてます。
お気に入りに登録 フォト蔵 firestorage FlipClip アウトドア仲間掲示板 フリートク掲示板
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 20 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

:2009:04/14/07:14  ++  減感作療法による花粉症根本治療<第40-41回目エキス投与(ヒノキ花粉のアレルギー症状)>

そろそろスギ花粉飛散のピークが過ぎた頃だが、この1~2週間は逆に花粉症の症状が悪化している(九州遠征した4/8-12の間も含めて)。今までなんともなかった喉が痛みを感じ始め、朝だけでなく日中も鼻水とくしゃみが時々出るようになった。実はスギ程ではないがヒノキのアレルギーも持っており、この症状はヒノキの花粉の飛散によるものと思われる。

治療前に行ったアトピー鑑別試験(ファディアトープ)の結果は次の通り。
アレルゲン名   UA/ml  クラス  非特異的Ig-E(IU/ml)
 スギ  8.50  3  約2000(陽性)
 ヒノキ  1.28  2  約800(陽性)
※これらが一般的に見てどの程度高いレベルなのかは不明

「スギとヒノキは共通の抗原性があるため、スギエキスの治療(減感作療法)でヒノキの症状も軽減すると考えられている。」らしいが、まだ減感作療法で十分な効果が出ている段階ではないためヒノキの花粉にも敏感に反応しているのだろう。来年に期待したい。現在注射は2週間に一度のペースだが、ヒノキ花粉が収束すると思われる5月半ばぐらいからは1ヶ月に1回に減らす予定である。スギの花粉シーズンが終わりに近づき注射の間隔も長くなったため、特別なことがない限り、とりあえずこの「減感作療法による花粉症根本治療」の記事は一旦終わりにする。
 
【エキス投与 第40回目】
◇実施日:2009/3/30
◇エキス濃度:10^-0
◇投与量:0.3mg(維持量)
◇担当:看護婦①
◇注射部位:右上腕部
◇痛み:ほとんどなし
◇紅斑:35mm
◇膨疹:8mm
◇他症状:翌日まで周辺部の酷いはれと痒み
◇治療費:710円(合計17350円)

【エキス投与 第41回目】
◇実施日:2009/4/13
◇エキス濃度:10^-0
◇投与量:0.3mg(維持量)
◇担当:看護婦②
◇注射部位:左上腕部
◇痛み:ほとんどなし
◇紅斑:45mm
◇膨疹:3mm
◇他症状:翌日まで周辺部の酷いはれ(かゆみは少ない)
◇治療費:710円(合計18060円)
PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+