忍者ブログ

nOnのなんでも情報館Blog

上越の釣り・携帯・PDA・パソコン・テニス・ギター・デジカメ・旅行・オートキャンプ・DIY等々、日常の話題からちょっとマニアックな裏技・裏情報まで、読んで楽し、知ってお得、やって便利な情報を提供する「nOnのなんでも情報館」です。皆さんからの様々な情報もお待ちしてます。
お気に入りに登録 フォト蔵 firestorage FlipClip アウトドア仲間掲示板 フリートク掲示板
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 9 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

:2012:02/01/05:08  ++  スノーシューで雪遊びin乗鞍高原

冬をもっと楽しみたい!

ということで雪の上を自由自在に歩き回れるスノーシューをやってみることにした。
まずは装備の準備。ケース付きで約6000円の激安のスノーシューを購入。

         

スノーシューデビューは波田公民館主催の乗鞍山麓トレッキング

乗鞍スノースマイルエリア(旧いがやスキー場)でスキー教室に参加する子供達と別れ、トレッキング出発地点の休暇村乗鞍高原へ。

スノーシューを装着。軽い準備体操の後、出発!


 
森の中自分の好きなルートを新雪を踏み締めながらゆっくりと進む。
雪のない季節にはできないスノートレッキングの醍醐味である。


 
牛留池 到着!


 
全面凍結した湖上から眺める乗鞍岳!
となるはずだったが...残念ながらこの日は拝めず(T-T)


 
山登りでは苦労する急斜面も、雪があると自然の滑り台に変身!
足を浮かせ背中で「ズドドドドッ!!!」とダイナミックに滑り落ちる。


 
こりゃ楽しい♪ (^^)/ 雪山にはこんな楽しみ方もあるんだね。

道なき道からトレッキングルートに合流。そして善五郎の滝へ。


 
完全凍結した善五郎の滝。自然が作る素晴らしい造形美に感動!
善五郎の滝でこれだけの氷壁を見られるのは珍しいらしい。ラッキー!(*^-^*)
ちなみに夏の滝の様子はこちら

清清しい青空の下、「ゆきうさぎ」で圧雪された開放的な道を軽快に歩いてゆく。


 
そして、その先に待っていたのは...高速ロング滑り台!
何の変哲もない単なる幅広の坂道だが、ビニール袋で巨大滑り台に早変わり。


 
お尻にビニール袋を敷いてGo!おぉ~このスピード感最高!けど...
方向もスピードも制御不能。雪飛沫で前が見えない!ぶつかるぅ~!
ちょっとスリリングだけど、凄っごく楽しい!病み付きになちゃうネ♪(^^

そして再びフリーロードへ。向かう先は一の瀬園地。

新雪を歩くのは思ったより大変。後方は雪が踏み固められ比較的楽だが、ベテランガイドさんですら先頭で数10分程歩き続けると流石に息が上がった様子(ちなみに自分は2番手)。


 
ようやく一の瀬園地に到着!


 
ここで低い場所に生えたヤドリギ(宿り木)発見!
一見鳥の巣に見える(自分も昔そう思ってた)が、実は落葉樹に寄生する常緑樹。
ガイドさんに実が食べれるということを聞き、ストックを使って採ってみた。

    
 
当然試食♪ プルプルした小さな葡萄みたいで意外に美味しい(^^ ⇒皆にもお裾分け

昼食休憩をとり出発。目指すはバスの待つ乗鞍スノースマイルエリア!、
スノーシュにも慣れ、ちょっとした起伏が結構楽しい♪


 
そして、ガイドさんが教えてくれた雪でのこんな楽しみ方。
手を広げ直立姿勢のまま後ろに倒れ込む」って遊び。

倒れるときにちょっと勇気はいるが、倒れた瞬間の雪がフワッと体を包み込む感覚と、目の前に広がる青空が、なんとも言えずいい感じ。けど、その後起き上がるのが結構大変だったりする(^^;


 
あとはひたすらウォーキング。30分程歩いてゴールの乗鞍スノースマイルエリアに到着!

はじめてのスノーシューは最高に楽しかった!(^-^)
天気が良かったからってのもあるけど、ガイドさんが色んな雪遊びを取り入れてくれたのが大きかったなぁ~。ほんと参加者全員が童心に戻って楽しんでたって感じ。乗鞍の地を生かしたスノーシュー遊び、。また絶対やるゾ~!(^^)/
PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+