忍者ブログ

nOnのなんでも情報館Blog

上越の釣り・携帯・PDA・パソコン・テニス・ギター・デジカメ・旅行・オートキャンプ・DIY等々、日常の話題からちょっとマニアックな裏技・裏情報まで、読んで楽し、知ってお得、やって便利な情報を提供する「nOnのなんでも情報館」です。皆さんからの様々な情報もお待ちしてます。
お気に入りに登録 フォト蔵 firestorage FlipClip アウトドア仲間掲示板 フリートク掲示板
05 2017/06 2 3 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07

:2008:12/14/16:03  ++  悪夢再び!パソコン起動せず!?

サブマシンとして使っているノートPC(使用頻度から考える実質的にはメインマシン)。OSの自動アップデートが完了して再起動の指示があったんで、それに従いPCを再起動。

ところが...
一瞬青い画面が出たと思ったら、次に出た画面が起動モード選択画面。その画面から自動的にWindowsを起動しようとするものの、起動に失敗して起動モード選択画面へ逆戻り。この繰り返しでいくら待ってもWindowsが立ち上がらない。(T-T) セーフモード等のすべての起動モードを試してみてもまったく変わらず。

ガ~ン!これってもしかして前にメインPCで起こった現象と同じ!? メインPCのときには再起動前にウィルス警告があったからてっきりウィルスのせいだと思って、泣く泣くOSの再インストールという最後の手段でマシンを立て直したけど(残念ながら全データは消失)、今回はOSのアップデートによる再起動。これって一体どういうこと!?

メインPCでネットを調査。すると『ブルースクリーンのSTOPエラーでWindowsが起動しなくなったときに復旧する方法』という今回の現象そのものの記事が見つかりました。

この記事によると...
このシステムエラーはウィルスなどによる破壊行為で発生することもあるが、ハードディスク(HDD)の故障により発生する場合が多数。
[エラーの原因]
・HDD自体の故障でHDDの中身が見えない
・HDD内のファイルシステムと呼ばれる目次の役割をする部分が壊れている
・何らかの原因によるシステムファイルの損傷
[現象]
このシステムエラーが発生すると、ログオン画面が表示されずWindowsが再起動し続ける
[復旧方法]
Windowsの回復コンソールを使用(回復ディスク作製)してスキャンディスクを実行

さっそく実践。『CDブートの回復コンソールディスクを作る』を参考に回復ディスクを作製し、CDドライブ優先起動でパソコンを起動。そして以下の手順を実行

①「R」キーを押す ※修復機能を選択
②「半角全角」キーを押す ※キーボード・言語の選択
③ >chkdsk /r ※プロンプト表示後にコマンド入力

これであとはスキャンディスクが終わるのを待つだけ、のはずが...
AUTOCHK.EXEが見つかりません。AUTOCHK.EXEを含むフルパスを入力してください。」というメッセージが表示されて実行できず。CドライブやCDドライブ(E:)を探してみるものの「autochk.exe」は見つからず。(T-T)
でもやっぱり同じような人はいるんですねぇ~。こちらこちらの情報が参考になりました。ポイントは、回復ディスク作製ステップ「15:ファイルを追加する」「autochk.exe」を追加すること。
※自分の場合「autochk.exe」は「C:\WINDOWS\system32」の下にありましたが、PCによって様々だそうです

新たに作成し直した回復ディスクで①~③を実行。そしてメッセージ表示に対して「E:\autochk.exe」を入力すると...
やった~!スキャンディスクを実行できたぁ~!
スキャンディスク実行完了まで数時間(結構長い)。
>exitで抜けてWindowsを再起動させると...
出てきた~!懐かしのWindows画面! やったゾぉ~完全復活だぁ~!!!

これが成功したということは、もしかしたら以前のメインPCの異常現象のときもこれをやれば復活できたかも。(^^;

しかし2週間後、Windows Media Playerのアップグレードによる再起動時にまたまた同じ現象発生。でも保存しておいた回復ディスクでいとも簡単に復活!

でもなんでこんなに頻繁に起きちゃうんだろう~? Windowsのアップデートに問題があるのか、はたまたハードディスクの寿命が近いのか。今のところはっきりした原因は分かりません。?(゜_。)?

PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+