忍者ブログ

nOnのなんでも情報館Blog

上越の釣り・携帯・PDA・パソコン・テニス・ギター・デジカメ・旅行・オートキャンプ・DIY等々、日常の話題からちょっとマニアックな裏技・裏情報まで、読んで楽し、知ってお得、やって便利な情報を提供する「nOnのなんでも情報館」です。皆さんからの様々な情報もお待ちしてます。
お気に入りに登録 フォト蔵 firestorage FlipClip アウトドア仲間掲示板 フリートク掲示板
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

:2014:02/22/18:52  ++  フレンチプレス作る本格的コーヒーで至福のひととき

フレンチプレスコクのある美味しいコーヒーが作れる!」という話を聞き、さっそく我が家でも試してみることにした。

<必要なもの>
●コーヒー豆
フレンチプレスには深煎りが合うとのことなので、ちょっと奮発して珈琲専門店でお勧の「炭焼 ブルーマウンテンブレンド」(800円/100g)を購入。


●コーヒーミル

いつ入手したのか覚えていないが...
メーカーも型式も分からないコーヒーミルがたまたま存在。(^^)

    

●コーヒー豆計量スプーン
コーヒー一杯(120g)につきコーヒー豆10gが適量とのこと。コーヒー豆専用計量スプーンという物もあるが、正確に測らなくても大きな問題にはならないので、普通の計量スプーン(大)で代用することに。

●フレンチプレス(別名コーヒープレスorティーサーバー)

これまたいつ入手したのか覚えていないが...
幸い5杯入りのフレンチプレス我が家に存在した。(^^)

    

※普段は1〜2杯しか作らないので小型のタイプが欲しく、ネットで得られた情報(キャンドゥで販売)から、周辺の100均をかたっぱしから調べてみたのだが残念ながら見つからなかった。その理由は、フレンチプレスはキャンドゥの200円商品(最初は100円?)で、キャンドゥが2013年10月から200円商品を撤廃したことで店頭から消えてしまったと推測される。

●コーヒープレス底上げ用具
我が家のフレンチプレスはプランジャー(プレスする部分)が底まで届かず、コーヒー豆が全然プレスされない。そこで100均で何か使える物がないかと探したところ、プラスチックカップのフタがピッタリ!(直径80mm)
ということで、これを底上げ用具として使うことにした。

      

<コーヒーの作り方>
1.コーヒー豆を挽く
・計量スプーン(大)大盛り一杯のコーヒー豆をコーヒーミルで挽く <<粗挽き>>
(何回か試したところコーヒー2杯分にはこの位が適量)

2.お湯を沸かす
・お湯の最適温度は90度。沸騰して1分置くとちょうどこの位の温度になるらしい

3.フレンチプレスとコーヒーカップを温める
・コーヒーを冷まさない様、フレンチプレスとコーヒーカップにお湯を入れて温めておく(フレンチプレスの底に底上げ用具を敷き、浮かない様にスプーンで押さえる)

4.フレンチプレスでコーヒー豆をプレスする
・フレンチプレスのお湯を捨て、コーヒー豆を入れる
お湯を半分(1Cupライン)入れる
・スプーンでかき混ぜた後、30秒間待つ
お湯を全部(2Cupライン)入れ、スプーンでかき混ぜ、4分間待つ
・プランジャーを底までゆっくり押し込む
・コーヒーカップのお湯を捨て、フレンチプレスのコーヒーをカップに注ぐ
(自作陶芸カップ)

      

コーヒーオイル(油分)が抽出されたコクのある味わい深いコーヒーの出来上がり!
お店で飲むコーヒに勝るとも劣らない味だ(大袈裟か)。(^^)/
PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+