忍者ブログ

nOnのなんでも情報館Blog

上越の釣り・携帯・PDA・パソコン・テニス・ギター・デジカメ・旅行・オートキャンプ・DIY等々、日常の話題からちょっとマニアックな裏技・裏情報まで、読んで楽し、知ってお得、やって便利な情報を提供する「nOnのなんでも情報館」です。皆さんからの様々な情報もお待ちしてます。
お気に入りに登録 フォト蔵 firestorage FlipClip アウトドア仲間掲示板 フリートク掲示板
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 20 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

:2017:05/30/06:04  ++  フリードスパイクの秘密基地化⑦ ~収納ボックスの活用~

本格的な車中泊をしようとすると、着替えや食料更には生活雑貨等も必要となり、それが2人ともなるとかなりの荷物の量になってしまう。

そんな少なくない荷物を車に載せるには収納ボックスが非常に便利である。

ハイエース時代は4個の収納ケース(Fits ワイドM-53)を助手席と補助席の上に載せ快適な車中生活をおくっていたが...
フリードはハイエースと比べると断然狭く収納には工夫が必要となる。

先人のGETF道楽さんは小型のFitsを巧く組み合わせ収納量と快適さを両立。

・左右上側:Fits カプチーノ S-30CAP(W300×D530×H180mm)
・左右下側:Fits カプチーノ M-30CAP(W300×D530×H230mm)
・中央上側:Fits カプチーノ S-53CAP(W390×D530×H180mm)
・中央下側:Fits カプチーノ M-53CAP(W390×D530×H230mm)

このアイデアをそのまま使わせて頂こうとも思ったが...
新たに収納ケースを6個も買うのはもったいないので、とりあえず手持ちの収納ケースでなんとかならないか工夫してみることにした。

1.RISU製蓋付きケース(W360xD505xH185mm)
・型式不明。蓋にRISUの表示。寸法は実測
・板(セリア)を300x445mmに切断し水性ニス(セリア)を塗布
板を蓋の上に載せケースをテーブル代わり

2.Stackコンテナ(W335xD440xH155mm)
・メーカー、型式不明。Stack Containerの表示。寸法は実測
・滑り止めを敷き、通常は食料収納、裏返せばテーブル代わり
・長手方向の片面にたまたまあったL型金具を取り付け
→宿泊時のケースを片付けるための工夫(後述)

◆大人二人快適宿泊モード」適用時の移動時レイアウト
・最後部にマットレスを重ね、その上にケース等の荷物を置く
・水タンク使用時のパターン→宿泊時は運転席の後

      

◆「大人二人快適宿泊モード」適用時の休憩時レイアウト
・寝間着や洗面道具等、寝る前に使う物はデイパックに収納
コンテナは運転席又は助手席の上(L型金具をバイザーに引っ掛ける)

      

◆「大人二人快適宿泊モード」適用時の宿泊時レイアウト
・蓋付きケースを運転席と助手席の上に
靴入れ(ミーツで買った蓋付きBox)をその上に

      

フリードSpikeは秘密基地化に向けまだまだ進化し続けます。(^^)/
PR

:2017:05/22/04:28  ++  フリードスパイクの秘密基地化⑥ ~ドアポケットの有効活用~

そんなには大きくないフリードスパイク。
小さいドアポケットもとことん活用しよう!

■ラゲッジルーム左上ポケット
◯20x13x5のバスケット(ダイソー)
ポータブル高感度ラジオ(Panasonic RF-U150A-S)
コンパクトドライヤー(Matsuden MHD-300)
◯10cmのブリキの灰皿(ダイソー)
電池式ランタン(GENTOS EX-737NX)
・折り畳みコンパクト工具
◯癒やしグッズ
・植物もどき(セリア)

      

     

■ラゲッジルーム左中扉内
メディアプレーヤー(グリーンハウス GH-SPM210WRD)
・SDカード/USBメモリ再生
・FMラジオ
・バッテリー内蔵
◯時計(初代スマホIS01を時計として活用)
・ワンセグ
・バッテリー内蔵

      

■ラゲッジルーム左中扉横ポケット
缶クーラー(サーモス JCB-350)
・抜群の保冷力、缶ビール/缶酎ハイには不可欠


■ラゲッジルーム左下ポケット横(布袋)
フルセグテレビ(ソフトバンク PhotovisionTV 202HW)
・充電式
・ACアダプタ/DCアダプタ

      

■ラゲッジルーム左下ポケット
◯20x13x5のバスケット(ダイソー)
・風呂用小タオル2枚
・風呂用大タオル1枚
◯21x13x11のバスケット(ダイソー)
電池式ランタン(GENTOS EX-313)
大容量19/12/5Vバッテリー(Energizer XP18000)



     

実はこの他に事務キチで衝動買いした常設のLEDランタン(RD-LED 100-BK)もあったりする。(^^; ←3つもランタンを置いてどうすんだ! ちなみに、このランタンは、20年前のワゴンR時代から持っている天井ネットに引っ掛けている。

     

■ラゲッジルーム右上ポケット
◯20x13x5のバスケット(ダイソー)
・ポケットティッシュ※Boxティッシュは助手席にあり取りづらいので
・ゴミ袋
・薬セット(アレルギー薬、頭痛薬、耳栓、アイマスク等)
・風呂セット(シャンプー、リンス、ボディーソープ)
◯10cmのブリキの灰皿(ダイソー)
・USBケーブル一式
◯癒やしグッズ(鳥、ポトスもどき、お地蔵さん)
・たまたま家にあった物の寄せ集め


■ラゲッジルーム右下ポケット
suaokiポータブル電源(ケーブル類含む)※前回の記事で紹介
※ポータブル電源を置かないときは100均のバスケット2種類を設置

      

■後部座席左側ポケット
◯プラスチックコップセット(2個、布袋収納)


■助手席ポケット
◯蓋付きプラスチックBox 2個(ダイソー)
・DVD等の小物入れ

      

■運転席ポケット
◯A4 2穴ファイル(ダイソー)
・金属留め具除去
・地図や観光雑誌等の収納

■運転席/助手席間
ダストボックス(セイワ W734)→コンソールボックス化
・上に金属ペンケース(事務キチ)とプラスチックBox(セリア?)搭載
◯ダストボックス(セリア)

      

これでだいぶ秘密基地っぽくなったかな?(^^)/

:2017:05/21/08:25  ++  フリードスパイクの秘密基地化⑤ ~ポータブル電源でドライヤーを使う~

Pキャンでは日帰り温泉を利用する事がよくあるが、稀にドライヤーを置いていない所があり(特に入浴料が安い銭湯っぽい場所や無料の露天風呂等)、髪を乾かす事ができない場合がある。

男性なら自然乾燥でも大丈夫だったりするが、女性の場合そういう訳にはいかない。けど、もし車にドライヤーが常備してあれば、ドライヤーの有無を気にすることなく、気軽にどんな温泉でも利用できる様になる。

もし車のエンジンが温まっている場合...
●エアコンの吹き出し口で代用可能
・前方からの吹き出しモードにし、サイドの送風口をクローズ、風量最大で中央前方からだけ風を出すと、温度はドライヤー程高くないが、強力な風量でドライヤー代わりになり髪の毛を乾かすことができる。

suaokiポータブル電源で使えるドライヤーは...
●Matsuden HAIR DRYER MHD-300
・メルカリでゲットしたコンパクトドライヤー
・300W(100V)仕様でポータブル電源でも使用可能
・ポータブル電源使用時の(110V出力)消費電力は340W
(最大負荷は300Wまでとなっているが実際には400W程度まで使える感じ)

●sanyo HD-1250N (TOURIST MODEL)
・以前から所有してたが使われずに眠ってたドライヤー
・100/200V 900W仕様で100/200V切り替えSWあり
・SWを200Wにしポータブル電源で使うと250Wで使用可

      

ポータブル電源のAC出力が100Vではなく110Vだったのはしらなかった。(^^; 電圧が高い分消費電力(電流)が増えるため、際どい消費電力の電気製品は使えなくなる可能性がある。けど、最大使用電力が300Wオーバ(400W?)だったは嬉しい誤算。その分使える範囲が広がりプラマイゼロといったとこか。(^^)/

:2017:05/20/07:34  ++  フリードスパイクの秘密基地化④ ~フルセグ視聴で寛ぎのひととき~

テレビを見ながら車内でゆっくり寛ぎたい!
(特に一人の車中泊の旅のとき)

車でのお出掛けでは、カーナビでテレビを見るのが一番手っ取り早いが、車中泊でエンジンをかけて使うことはしたくないし、残念ながら付属のカーナビはフルセグではなくワンセグ。
ワンセグならgigabeatや古いスマホでも見れるのだが、ちょっと画面が小さくて物足りないし、しょせんワンセグ。

唯一携帯可能でフルセグが見れるPhotovisionTV 202HW(9インチ)という物は持っているが、とっくに契約は解除してるんで、録画しないとフル画面で視聴することが出来ない。(T-T)


裏技を使えば常にフル画面視聴が出来る様になるらしいが、自分でそれをやるにはノウハウ調査や部品調達が必要で、まっそれはしょうがないのだが、一番のネックは改造を失敗して全く使えなくしてしまうリスクがあるという事。

リスクを負ってまでやる気はないので、もしやと思いオークション調べてみると...
なんと、この作業を返送費込みで1000円程度でやってくれる奇特な人がいるではないか〜!評価も悪くないので思い切ってお願いしてみることにした(蛇足だが、クリックポスト164円(34*25*3cm以内)でPhotovisionTVが送れちゃうのにもビックリ!)。

そして、PhotovisionTVの常時フル画面視聴化が遂に実現!


PhotovisionTVは一応バッテリー内蔵(1930mAh)だが、長時間視聴するためには外部電源が必須。でも、ポータブル電源は既に入手済みなので、付属のACアダプタを使い長時間視聴も問題なし。(^^)

それに加え、実は以前PCの外出時の使用を目的として購入した18000mAh(70Wh)の外付けバッテリー(Energizer XP18000)があり、これも使うことができれば鬼に金棒。

だが、なぜかPhotovisionTV 202HWのDCプラグの差込口はすごく狭くて、普通のプラグだと太すぎて刺さらない。(T-T)


そこでプチ改造をすることに。
まず、USB(A)⇔DCジャック(外径3.0φ/内径1.1φ)ケーブルを購入。
そして、ジャックが刺さる程度に樹脂をカッターで削ってシェイプアップ!

     

考えてみると、外付けバッテリーはこれ以外に、smart enegy box 6200(6200mAh=24Wh)、QE-QL101(2700mAh、82g)も持ってるから、このDCケーブルがあれば、ポータブル電源を使うまでもなくPhotovisionTV を好きなだけ視聴できる。(^^)/

     

:2017:05/17/18:46  ++  フリードスパイクの秘密基地化③ ~400Wh高容量ポータブル電源で車内快適家電生活~

キャンピングカーに欠かせない設備と言えばサブバッテリー

ついこの間まで自分が所有していたハイエースベースのぷちキャンカーにも105AH(1260Wh?)のサブバッテリーと、1000W疑似正弦波&300W正弦波インバータを搭載し、①電子レンジ(960W)、②電気ポット(405W)、③電気炊飯器(350W)、④3WAY冷蔵庫(75W)、⑤コンパクト冷蔵庫(60W)、⑥電気毛布(60W)、⑦室内灯(10W?)等を使用していた。←正直⑦以外を使う事は稀だったが...(^^;

ちょっと前まで、将来的なセカンドハウス(まだ土地購入の段階)での電源利用も含め発電機の購入を検討していたが、稼働時の騒音(実際に祭り等で使われている発電機の音を聞くとかなり大きな音)を考えると最も電気が必要な夜の利用は現実的にはかなり難しく容量は劣るが周りを気にせず使えず高容量のポータブル電源に惹かれつつあったが、今回の車の買い替えでその思いは急激に加速し...

遂に、suaoki400Wh高容量ポータブル電源を購入!


このポータブル電源は、AC100VとDC12Vでの充電の他ソーラーパネルからの充電も簡単に行え、電源設備のない環境でもバッテリー補充ができる事から、電源のないキャンピングカーサイト/セカンドハウスでも昼間充電した電気を夜消費といった使い方ができ実用的。(^-^)

ちなみに、今のところソーラーパネルは、ダッシュボードの上に置いて充電ができる80W折りたたみ式ソーラーパネル(SP-80W)が一番の有力候補

実はこのポータブル電源、フリードスパイクにピッタリ!

その理由とは...
なんとこのポータブル電源、フリードのラゲッジスペースのポケットにギリギリ入っちゃうのである!

正確に言うと、ボケットの幅の方が若干狭いが、ポケットの壁がプラスチック製のため、少し強引に押すと壁が変形し入っちゃうという訳である。

ポケットに入れた電源、キツキツなので滅多な事で倒れることはないと思うが、もしものことを考え転倒防止対策を施す事にした。

ここで役に立つのが、右側ポケットに標準で取り付けられているバックル付きベルト。ただ標準のままだとベルトが短すぎて小さなものしか固定できないので、ベルトを延長することにした。

バックルの刻印からバックルの型式(YSR20)が判明。同じバックル1セットと2cm幅のベルトを購入し延長ベルトを製作。標準のベルトと繋ぎ、これでポータブル電源を縦方向にぐるりと縛り固定した。


ポケットのポータブル電源前後の隙間には手持ちの小物入れと100均の籠を使い付属部品をすべて収納。一つの機能を一箇所に集約し管理や使い勝手もバッチリである。


さて、このポータブル電源でどんな電気製品を使うか!? であるが、
これについては、また改めて別記事で紹介する。(^^)/