忍者ブログ

nOnのなんでも情報館Blog

上越の釣り・携帯・PDA・パソコン・テニス・ギター・デジカメ・旅行・オートキャンプ・DIY等々、日常の話題からちょっとマニアックな裏技・裏情報まで、読んで楽し、知ってお得、やって便利な情報を提供する「nOnのなんでも情報館」です。皆さんからの様々な情報もお待ちしてます。
お気に入りに登録 フォト蔵 firestorage FlipClip アウトドア仲間掲示板 フリートク掲示板
06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08

:2009:07/15/05:51  ++  折りたたみ座椅子で快適山生活

山登りをしたとき、休憩時や山頂でのんびりと寛ぐための折りたたみ式の座椅子が欲しくなった。折りたたみ座椅子は、登山だけじゃなくてキャンプや花火大会なんかでも使えるから持ってて損はない。

一番手頃なのはキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)のFDチェアマット。なんとたったの1050円。でも安いだけにすぐ壊れてしまうんじゃないかとちょっと不安。
やっぱ信頼性も含めて考えると人気のクレージークリーク(CRAZY CREEK)の座椅子か?
クレージークリークの座椅子と言っても色んな種類がある。

オリジナルチェア:座り心地は良いらしいが、折りたたみ不可。
ザチェア:厚さ1cmのソフトフォームで折りたたみ可能。約3000円とリーズナブル。
ヘクサライト:収納寸法12×41cm、重さ419gと超コンパクト。
パワーラウンジャー:ヘクサライトのロング版。

メインが登山だからコンパクトに折り畳めることが第一の条件。ということから一番の有力候補はヘクサライト。がっ!このヘクサライト、使い方によってはポールが布を突き破ってしまうことがあるらしい(ヘクサライトに限らずクレージークリークの製品すべてかも)。そんな不安の中6000円という金額はちょっと大きすぎる。
次の候補はパワーラウンジャー。他と違って足を伸ばして寛ぐことができるし、更にテント泊時には広げて(全長136cm)マット代わりにすることもできる。ただ収納寸法が51cmとちょっと大きめ。ザックに入れるのは容量的に厳しいし、外のベルトで止めるとザックからはみ出した部分が木や岩に引っ掛かる恐れがあり危険。

で、最終的に選んだのはザチェア。この位の値段ならどんなとこでも気楽に使えるし、もし壊れても未練なく買い換えられる

二つ折りにして(丸めてもう少し小さくすることも可)ザックのマット固定ストラップで固定してみた。高さ方向はベルトの長さピッタリ。幅方向も若干はみ出る程度で問題なし。

これで今まで以上に山滞在時間が増えるかも?

PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+